TON(TON)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
07/18 (木)
TON上でビットコインの実用性向上へ 24年に新ブリッジ機能のローンチを計画
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
CoinPost
07/11 (木)
テレグラムのタップゲームNotcoin、1inchなどと提携しTON普及加速へ
今回のプログラムは仮想通貨TONのUXを改善し、最近人気のある「タップして稼ぐ」ミニ・ゲームを開発し、「Web2とWeb3の架け橋となる消費者向けアプリケーション」を立ち上げたい人々を支援しようとしている
CoinPost
07/09 (火)
Bybit、テレグラムタップゲーム「Hamster Kombat」の仮想通貨取引をプレマーケットで提供
仮想通貨取引所Bybitは8日、テレグラムのタップ・トゥ・アーン(タップして稼ぐ)ゲーム「Hamster Kombat」の独自の仮想通貨HMSTRの取引をプレマーケットで提供し始めた。
CoinPost
07/08 (月)
テレグラムのweb3タップゲーム「Hamster Kombat」、リリース3ヶ月で2.4億ユーザーに到達
テレグラム創設者は、「Hamster Kombat」のユーザー数が2億人以上に到達したと指摘した。同ゲームはまもなくエアドロップを行う。
CoinPost
06/30 (日)
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|イーサリアム、ソラナ、アバランチ、TONなど
時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)を中心に、今週の注目材料をまとめた。ソラナ(SOL)、TON、アバランチなどの個別銘柄の注目材料も。
CoinPost
06/28 (金)
トンコイン(TON)の買い方 テレグラムアプリのタップゲームで稼ぐ方法
トンコイン(TON)の買い方・売り方を徹底解説!タップして稼ぐゲームとの関係や、トンコインの特徴・価格推移・今後の将来性についても詳しく紹介します。
CoinPost
06/24 (月)
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
CoinPost
06/19 (水)
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
CoinPost
06/19 (水)
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
CoinPost
06/17 (月)
ビットトレード、19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱い開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
CoinPost

The Open Network(TON)の概要

トンコイン(TON)は、月間9億人以上の利用者を持つメッセージングアプリTelegram内で利用されている暗号資産です。この暗号資産は、NFTの購入やゲーム内での決済、Telegram内での様々なユースケースで活用されています。

The Open Network(TON)は元々Telegramが開始した分散型レイヤー1ネットワークでしたが、規制上の懸念から独立した経緯があります。2024年2月、Telegramは広告収入をチャンネル所有者と共有し、その報酬をTONのネイティブ仮想通貨であるトンコイン(TON)で支払う計画を公表しました。

Tonstatによると、このエコシステムはTelegramユーザーへのインセンティブ提供により急成長を遂げており、月間アクティブアドレス数は6ヶ月前の10万未満から2024年4月時点で170万以上に増加しています。

Telegramの暗号資産ウォレットは、様々なブロックチェーンをサポートしていますが、TONの普及を促進するために取引手数料が削減されています。

  • 発行済み数量: 5,047,558,528 TON
  • 流通数量: 2,430,193,749 TON

TONを取り扱う国内取引所(PR)