CoinPostで今最も読まれています

メジャーSQ前のビットコインデリバティブ相場をプロが分析|寄稿:仮想NISHI

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

*本レポートは、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリストである仮想NISHI(@Nishi8maru)氏が、CoinPostに寄稿した記事です。

ビットコインマーケットレポート(3月30日~4月5日)

ビットコインは、3月27日に米商品先物取引員会(CFTC)が世界最大級の暗号資産交換業者バイナンスとチャンポン・ジャオ最高経営責任者らを提訴したと発表したことを受けて約1,500ドル幅下落低下したものの、未決済建玉(OI)が比較的少なかったこと、デリバティブ市場が売られすぎの状況だったこと等が影響し、大幅な下落とはならなかった(最大約1,500ドル幅の下落)。

執筆時点では2万8千ドル付近、3月31日のビットコインのメジャーSQを前に、CFTCによる提訴前の年初来最高値付近の価格に戻している。

足もと

成行注文のアクティブなOIは、価格上昇とともに増加しているものの500Mドル程度と、価格帯の割には少ない状態(下画像赤枠)となっており、デリバティブ市場を起因とする売りの連鎖は限定的であるといえる。

ファンディングレートをみると、全体的にフラットであるが、一部取引所では売られすぎの状態(下画像青枠)が見られる。

現物市場

成行売買ではデリバティブ市場では売り(下画像赤枠)が多いことに対して、現物は買いが多い状況(下画像青枠)となっている。

デリバティブ市場

年初来最高値付近であるものの、一部取引所では先物価格が現物価格よりも安い状態となっており、依然として需要超過の状態が続いている。

先物市場

CMEでは、価格が急騰しているもののOIの上昇は少ない状態が続いている。ポジションはAsset Manager、Leveraged Fundsも売りポジションの増加がみられる。

オプション市場

CFTCの提訴により、現物渡しで取引されるオプション市場では取引の弱気が見られていたが、直近の価格上昇によりPCRレシオは急激に低下(下画像赤枠)しており、マイナーは強気に変わりつつあると考えられる。

また、増加しているコールポジションは3万ドル~3万2千ドルに多く集まっている(下画像青枠)。

外部環境

19日にスイス金融最大手のUBSが同業のクレディ・スイス・グループを買収したことにより、金融不安が増大し、安全資産である米国債が買われており、米国債利回りは低下傾向にある。結果として金利の低下がビットコインの追い風となり、直近の上昇につながったと考えられる。

オンチェーン環境

PooledTXはバイナンスがCFTCに提訴された3月27日に一時的にやや増加したものの、それ以降は少ない状態が続いており、直近のビットコインの活発な入出庫は見られていない。

また、ビットコインは年初来最高値付近にあるものの、ビットコインに比べアルトコインへの資金流入は起きていないことが確認できる。

ハッシュレート

次回難易度予想は+10.6%と大幅な難化予想、ハッシュレートは歴史的な高水準にある。

直近のクリプト指標

3月31日

CME・ビットコインSQ, アバランチ Cortinaアップグレード, 米個人消費支出(PCE):23年2月結果

4月3日 米ISM製造景気指数:23年3月結果

4月5日 米ADP雇用者数:23年3月結果

総括

ビットコインは、CFTCによるバイナンス提訴が発表され一時的に下落したものの、すぐに提訴前の水準まで回復した。ビットコインのメジャーSQを前に、価格は年初来最高値付近にあるものの、依然として全体的に売られすぎの状態が続いている。

外部環境として、米銀行の相次ぐ破綻や、スイス大手金融の買収など国際的な金融不安が継続しており、それに伴う金融市場の環境変化がビットコイン上昇の追い風となっている。

寄稿者:仮想NISHI仮想NISHI
「暗号資産もSBI」を掲げる、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト。BTC Status Alert制作協力者、DECOCHARTの企画・監修者としても、日本の業界に必要な投資関連情報の配信に携わっている。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧