CoinPostで今最も読まれています

米中銀の即時決済システム「FedNow」、へデラ活用の「Dropp」をサービス提供企業に追加

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DLT活用の可能性は

米国の中央銀行(FED)は、即時決済システム「FedNow Service(以下、FedNow)」のサービスプロバイダーを紹介するウェブページに、Hederaの分散型台帳技術(DLT)を活用する「Dropp」を追加した。

FedNowのサービスプロバイダーを紹介するセクションの名称は「Service Provider Showcase」。日付の記載はないが、対象のページにDroppは14日に追加されたと報じられている。この紹介ページを提供する目的は、FedNowを使った即時決済を行いたい金融機関や企業と、そのサービスを提供する企業を結びつけることだ。

Droppがサービスプロバイダーに追加されたことで、FEDが、ブロックチェーンを含むDLTを活用する可能性があると期待する声も上がっているが、このサイトをホストする「Federal Reserve Financial Services(FRFS)」は、あくまで利便性を高めるために情報を提供しているだけであると記載している。

FRFSは、紹介ページに記載されたサービスプロバイダーを支援・承認するわけではないと説明。リストへの記載や削除は、FRFSの推薦や承認を意味するわけではないとした。

そして、紹介ページに書かれている情報やその正確性に対して、FRFSは責任を負わないとも明記している。

FedNowとは

FEDが2023年7月に本格稼働させた新しい即時決済システム。FedNowを使えば、365日24時間送金ができる。

▶️仮想通貨用語集

関連米中銀の即時決済システム「FedNow Service」が本格稼働、CBDCとの違いを説明

Droppとは

しかし、DLTを活用するDroppをFEDがサービスプロバイダーに追加したことに、市場は反応。CoinGeckoのデータによれば、本記事執筆時点でHederaの独自トークン「HBAR」の価格は、24時間比で約15%上昇した。

関連ヘデラ(HBAR)、国内初上場 CoinTrade

Droppの公式サイトによると、同社は少額決済のプラットフォームを提供。最高のソリューションを提供するために、規制下にある従来の銀行と、Hederaの技術を活用したと説明している。

Hederaについては、処理が速く、公正で安全な分散型台帳であると主張。また、Hederaの透明性と安全性の高さを活用しているとも記載した。

なお、FEDはFedNowのFAQのページで、FedNowはデジタル通貨に関係するサービスではないとも説明している。

関連ヘデラ・ハッシュグラフの技術、マイクロペイメントや環境保護分野で活用

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/15 月曜日
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスクについて解説。イーロン・マスク氏との関係や、今後注目されるXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧