CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン500万円突破、依然上昇余地あるもFOMCには警戒を|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週10/21(土)〜10/27(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

10/21(土)〜10/27(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円も確りとした推移で、27日正午時点では500万円を上回っての取引となっている。

米証券取引委員会(SEC)による現物型ビットコイン上場投資信託(ETF)承認期待が膨らむ中、BTCは450万円周辺で取引が始まると、週明けの東京時間から上値を試す展開となり460万円を回復した。

この日の米時間には、SECのへスター・ピアース委員がCNBCとのインタビューで、これまでSECがビットコインETFを承認してこなかった理由は「不可解だ」と発言したことで相場は470万円に乗せると、ナスダックのクリアリング機関であるDTCCにブラックロックのビットコインETFのティッカー(IBTC)が掲載されていたことが発覚し、翌24日東京時間にかけて相場は500万円を回復した。

一方、これにより相場は3.5万ドル水準となる525万円にタッチすると上値を重くし、500万円から520万円での揉み合いに転じた。

25日には金(ゴールド)相場の上昇に連れ高となり、再び3.5万ドル水準の上抜けを試すも、米企業決算の不振を背景に米株が軟化し上値を抑えられた。

26日には、金相場は緩む中、BTCは小緩む展開となると、Q3の米GDP成長率が市場予想比で大幅に上振れ、高金利政策の長期化懸念から一時は510万円を割る場面もあった。

しかし、Q3のコア個人消費支出(PCE)価格指数が下振れたこともあり、その後のBTCは下げ止まり、本稿執筆時点では510万円を回復している。

第1図:BTC対円チャート(1時間足)出所:bitbank.ccより作成

先週、BTC相場の年初来高値の更新は「ETFの承認期待だけでは力不足」と指摘したが、今週は巨額のショートポジションの清算により相場が踏み上げられたほか、オプション市場では3万ドルストライクに建て玉が集中することから、相場が3万ドルに乗せたことでヘッジの買い需要があったと指摘される。

BTCは相対力指数(RSI)が既に「買われ過ぎ」水準とされる70%を超え、テクニカル的な過熱感があることは明白だが、依然として高値圏で安値を切り上げる推移となっており、上げ切ったか否かは判断し難い。

これまでBTCの上昇トレンドが反転する際は、比較的わかりやすい値幅調整が入った後、ダブルトップを形成するパターンが多いが、現状は日柄調整といった具合だ。

オプション市場でも相場が3.5万ドルを試す最中、12月限りの4万ドルストライクのコールが物色されている他、3.5万ドルストライクにも建て玉が集中しており、相場が3.5万ドル乗せに成功すればショートコールのヘッジによるアップサイドリスクは相応にあると指摘される。

ただ、来週は11月1日(水)に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が出る予定となっており、昨今の強い米経済指標を受けてパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は今一度市場の利上げ打ち止め期待を牽制しにくる可能性も想定される。

そうなれば、米長期金利は一層上昇することが懸念されるが、FRBにとっては政策金利を引き上げずに景気の引き締めを狙えるため、ある意味で一石二鳥と言える。

よって、来週のFOMCには警戒する必要があり、BTC相場は上昇余地を残していると見ているが、その賞味期限は短い可能性が指摘される。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:三役好転のビットコイン、テクニカル的には強い地合いへ

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、「ビットコイン2024」で円卓会議の資金調達を予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア