CoinPostで今最も読まれています

ポジション調整の可能性も、11月末アノマリー迎えるビットコイン相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

*本レポートは、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリストである仮想NISHI(@Nishi8maru)氏が、CoinPostに寄稿した記事です。

ビットコインマーケットレポート(11月24日~11月30日)

ビットコインは、10月中旬以降急激に価格上昇している。

直近では、22日にバイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEO(最高経営責任者)が経営責任を取り、CEOの職を辞することを表明したことにより一時的に下落したもの、SECのETF承認期待の高まり、米金利の引締めの緩和期待等からすぐに回復し、年初来最高値(3万8千ドル)付近で推移している。執筆時点のビットコイン価格は3万7千4百ドル付近。

11月の最終金曜日付近は下落もしくは停滞するアノマリーがある。

2022年11月25日(金) ▲0.46%

2021年11月26日(金) ▲8.87%

2020年11月27日(金) ▲0.09% *26日(木) ▲8.29%

2019年11月29日(金) +4.41% *22日(金) ▲4.38%

2018年11月30日(金) ▲6.60%

(ドルベース、UTC 時刻基準)

12月末の解約期限を30日前としているファンドが既存市場に多数存在すること(30日ルール)に加え、今年はバイナンスグローバル口座の日本人利用期限が11月30日となっていることが重なっており、アノマリーが意識される可能性が高いと考えている。

足もと

成行注文のアクティブOI(未決済建玉)は高水準となっており(下画像赤枠)、ファンディングレートが上昇していることから、ロングポジションが増加していることが伺える。そのため、ロングポジションが損切りされ始めると売りの連鎖が起きやすい状況といえる。

現物市場

成行売買では、23日以降やや売りに傾いた状態が続いている。現物とデリバディブ市場の売買を比較すると、現物の買いに対してデリバディブ市場の買いが上回っている傾向が継続していることが見てとれる。

デリバティブ市場

デリバティブ市場は現物市場と価格差がほとんどなく、ニュートラルな状態となっている。

オプション市場

現物渡しで取引されるオプション市場では、現在価格より高い4万~5万ドルの価格帯に建玉が集中(下画像赤枠)していることから、オプション市場の参加者は上昇を予想していると考えられる。加えて、全体的な建玉の量は史上最高水準となっており、オプションの建玉の価格への影響力が高まっていると考えられる。

先物市場

先物市場(CME)のOIは、価格が急騰した10 月中旬以降急激に増加しており(下画像赤矢印)、資金流入が続いている。内訳をみてみると、「Asset Manager」や価格差益を狙う「Leveraged Funds」はロングポジションの割合が増えていることを示唆している(下画像青枠)。

外部環境

他アセットとの相関として、株式市場との相関はほぼ見られない(S&P500+ ▲0.10)、ただし、中東の地政学リスクが上昇した10月中旬以降ゴールドとの相関が高まっている(+0.67)。

オンチェーン環境

ハッシュレートは横ばいに推移しており、次回難易度予想は+0.25 %の難化予想。

直近のクリプト指標

11月27日 Beldex:iOS 版公式ウォレットローンチ

LooksRare(LOOKS)トークンアンロック

Qtum:ネットワークアップグレード

Yield Guild Games(YGG)トークンアンロック

11月28日 Eos:コンセンサスアルゴリズムのアップデート 予定日

Illuvium:Epic Games Store 公開

BNB:opBNB メインネット「Fermat」

11月29日 地区連銀景況報告(ベージュブック)

11月30日 米10月PCEデフレータ 公表

Binance Global:日本居住者の利用停止

総括

ビットコイン市場は、短期的に見るとロングポジションの増加やアノマリーがあることから、ポジションの調整が行われる可能性がある。

ただし、中期的に見るとオプション市場では4万~5万ドルに建玉が集中していることに加え、先物市場と共に資金が流入している傾向にあり全体的に好調であると考えられる。

画像出典:Tainoko Lab

寄稿者:仮想NISHI仮想NISHI
「暗号資産もSBI」を掲げる、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト。BTC Status Alert制作協力者、DECOCHARTの企画・監修者としても、日本の業界に必要な投資関連情報の配信に携わっている。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、「ビットコイン2024」で円卓会議の資金調達を予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア