CoinPostで今最も読まれています

FSL開発の次世代ブロックチェーンMMOゲーム「Gas Hero」とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

歩いて稼ぐ「Move to Earn」で大きな反響を呼んだSTEPNの開発チーム「Find SATOSHI Lab(FSL)」が、新作ブロックチェーンMMOゲーム「Gas Hero(ガス・ヒーロー)」をリリースし、注目を集めています。

*内部システムとエコシステムのゲームバランス調整のため、2024年5月時点で「β版」に戻されています。

STEPNやGas Heroで利用されるトークン「GMT(Green Metaverse Token)」価格は、Gas Heroのベータテスト前後から大幅上昇する場面があるなど、ブロックチェーンゲーマーやトレーダーからの需要が伺えます。

Gas Heroは、強力なAIが核戦争を引き起こしたディストピアを舞台とするMMO(大規模多人数同時参加型)オンラインゲームです。FSLが「大規模な社会実験」と称する最新ゲームの詳細について解説しましょう。

関連:GSTの買い方|STEPNで使われる仮想通貨の将来性、GMTとの違いを解説

目次
  1. Gas Hero(ガスヒーロー)の概要
  2. Gas Heroの開発企業とゲーム性
  3. Gas Heroのトークン経済圏について
  4. Gas Heroで利益を上げる方法
  5. Gas Heroの始め方
  6. Gas Heroで、AIによって破滅した世界を再建に導く

1.Gas Hero(ガスヒーロー)の概要

出典:Gas Hero公式サイト

ゲーム名 Gas Hero(ガスヒーロー)
運営会社 Find Satoshi Lab
リリース 2024年1月4日
トークン GMT
ブロックチェーン Polygonチェーン
公式サイト https://whitepaper.gashero.com/
公式X(Twitter) https://twitter.com/GasHeroOfficial
公式Discord https://discord.com/invite/gashero
MOOARマーケットプレイス https://mooar.com/

Gas Hero(ガスヒーロー)は、Move to Earnゲームを代表するSTEPN(ステップン)を開発したFind Satoshi Lab(FSL)が開発・運営する次世代Web3ソーシャルゲームです。

ゲームの舞台は2084年、覚醒したAIが核戦争を巻き起こし、人類が絶滅の危機に瀕した世紀末。その不毛の地で人類は、クローン研究によって開発された「Gas Hero」達と協力し、人類の救出や文明再編を目指すというストーリーです。

FSLによると、このゲームは現実世界で共通認識になりつつある「AI技術の危険性」をテーマに、疑問を投げかける「社会実験」です。次のような疑問に、一つの答えをもたらす事をテーマに掲げています。

  • 「もしAIが人類滅亡をもたらすなら、人類はどこへ行くのか。」
  • 「人類は崩壊した文明を再建できるか。再建できたとして、また同じ道を辿るのか。」

2.Gas Heroの開発企業とゲーム性

出典:Find Satoshi Lab

ここではGas Heroを開発した企業のFSLとゲーム性について紹介しましょう。

  1. 開発企業のFind Satoshi Labの概要
  2. Gas Heroで使われているPolygonチェーンの環境
  3. 一般的なBCGと比べたゲーム性としての魅力

2-1.開発企業「Find Satoshi Lab」の概要

創立 2021年
製品・サービス ・STEPN(Web3ライフスタイルアプリ)

・DOOAR(分散型取引所)

・MOOAR(NFTマーケットプレイス)

・Gas Hero(Web3ゲーム)

開発トークン GMT(Green Metaverse Token)
提携企業 ・ASICS

・WhaleFin

・BINANCE

・LINE

Gas Heroの開発会社であるFind Satoshi La(FSL)は、MOVE to Earnの火付け役となったNFTゲーム「STEPN」を開発した企業です。「人々の生活に寄り添うために楽しいWeb3ゲームを作ることを目指す」ことをミッションに掲げています。

FSLの代表的な製品は「STEPN」(ステップン)というP2Eゲーム。散歩やジョギングなど、現実世界での運動を通じて暗号資産を獲得できるという画期的なコンセプトが話題を呼びました。

FSLは「Asics」や「Adidas」といった有名スポーツブランドとも提携しているため、今後も各企業の特徴を活かしたユニークな製品開発が期待されます。

2-2.Gas Heroの基盤、Polygonチェーンの環境

Gas Heroで使用されているポリゴン(MATIC)チェーンは、手数料の安さや処理速度の速さが特徴です。ブロックチェーンにはイーサリアムチェーンなどさまざまな種類がありますが、ガス代の高騰や、取引時に負荷がかかりやすく問題視されてきました。こうした問題を解決するために開発されたのが「Polygonチェーン」です。

Polygonチェーンは「Proof of Stake(POS)」といわれるコンセンサスアルゴリズムを使用し電力消費を抑えられるため、ガス代を安く抑えつつ処理速度をの高速化を実現します。Gas HeroはPolygonチェーンを使っているため、多くの人が同時にアクセスしても処理速度も安定し、NFT購入時も比較的低いガス代で取引できるでしょう。

2-3.一般的なBCGと比べたゲーム性としての魅力

Gas Heroは他のNFTゲームと比較すると3つの特徴があります。

  1. 現実社会に近いゲーム構造
  2. ブリード(交配)によってヒーローを繁殖できる
  3. ヒーローに寿命がある

2-3-1. 現実世界に似せた社会構造

Gas Heroの世界は、現実社会に似た社会構造がある点が特徴的です。

まずゲーム内世界は大きく「都市」という単位で区切られており、都市名としてTokyoやNew York、Sydneyなど、現実にある都市の名称が付けられています。都市は「地区」で区切られ、地区はさらに「ギルド」「クラン」の順に区切られる構造。

各プレイヤーには「ベース」と呼ばれる固有の座標を持つ居住地があり、そのエリアに満足できない場合は「移動アイテム(コンテナ)」を使用して居住地を移動することも可能です。

なお、プレイヤーがゲーム内でアイテムなどの取引を行うと、取引を行ったエリアに対して「税金」の支払いが発生します。

また、各区画には選挙を通じて選出される「リーダー」と呼ばれる役職があり、それぞれ独自の権限を持つほか、管轄する市場で得た税収の一部を報酬として獲得。リーダー職はピラミッド型に構造化されており、最高権力者の「ワールドエルダー」をトップとして、その下に市長などが位置します。

2-3-2. ブリード(交配)によってヒーローを繁殖できる

さらにGas Heroでは、以下の条件を満たせばキャラクター同士でブリード(交配)を行い、ヒーローの繁殖ができます。

  • 男性と女性がそれぞれ1名であること
  • レベルが10以上に達していること
  • 各親の交配回数が7回未満であること
  • 各ヒーローは3日(72時間)に1回のみ繁殖が可能

なお、交配・繁殖の回数が上がるほど、双子が生まれる確率が高まります。

繁殖回数 1 2 3 4 5 6 7
双子の確率 5% 5% 10% 15% 20% 25% 30%

出典:Gas Hero公式サイト

ブリードするためには親のレアリティ分のヒーローパワーアップアイテムと、GMTが必要になるなどコストも発生します。

2-3.2 ヒーロー寿命

Gas Heroのキャラクターは、核放射能に満ちた世界で戦っているため、一定期間がすぎると死ぬ仕組みになっています。ヒーローの寿命はレアリティにより、希少性が高いほど長く放射能に耐える事が可能です。

ただし、2,084体限定で発行される「ジェネシスヒーロー」には寿命がないため、死ぬことはありません。ジェネシスヒーローは、ヒーローカプセルを受け取るか、Discordコミュニティへの貢献を通じて獲得できます。

レア度 寿命
Common 20日
Uncommon 30日
Rare 40日
Epic *24年5月時点で未実装 50日
Legendary *24年5月時点で未実装 60日

出典:Gas Hero公式サイト

また、ヒーローはアイテムやペットを装備できますが、一度装備すると外せません。装備したアイテムはヒーローの寿命が来るとバーン(焼却)されて利用不可能になります。

3.Gas Heroのトークン経済圏について

出典:Gas Hero公式サイト

Gas Heroのトークン経済圏についても解説します。

  1. トークンはGMT、マーケットプレイスはMOOAR
  2. NFTは消費型であるため、追加課金が必要
  3. ゲームリセットがあるためゲーム内のインフレを防げる
  4. PvP戦の参加がGMTの高騰に直結

3-1.トークンはGMT、マーケットプレイスはMOOAR

Find Satoshi Labが運営しているため、Gas Heroのゲーム内資産は全てGMT建てであり、NFT取引に用いられるマーケットプレイスはMOOARを使用します。

MOOARでの取引時にトランザクションフィーは発生しませんが、一方で全てのNFT取引において、購入者に6%の課税が行われる仕組みです。6%の税金のうち、2%はGas Hero公式、2%はクリエイターへ配分され、残りの2%はその他の目的のために留保されます。

3-2. 消費型NFTによってインフレを抑制

Gas Heroの設計として、ゲーム内NFTを定期的に消費する必要があります。例えば、ヒーローのレベルアップやペットの進化にはNFTを消費する必要があり、また、一度使用すると取引できなくなるアイテムも多いため、プレイヤーに継続的なNFTの新規購入を促す構造です。

NFTの中には「ジェネシスヒーロー」や「バッジ」のように一度獲得すれば永久的に消滅しないアイテムもありますが、これらは供給量が決まっています。

このようにGas Heroでは、継続的に多くのNFTを消費する仕組みを導入することでで、従来のGamiFiプロジェクトよりもインフレによる経済圏崩壊のリスクを抑えているのです。

3-3.ゲームリセットがあるためゲーム内のインフレを防げる

Gas Heroは他にもインフレを抑制する仕組みを導入しています。それが、ワールドエルダーによる「シーズンのリセット」です。Gas Hero世界のトップに君臨するワールドエルダーには、ゲームにおける次のシーズンを開始するかを決める投票権が与えられます。

新シーズンを開始する決定が下った場合、永久不滅のNFTを除いたすべてのアセットは前シーズンの世界に残され、新シーズンの世界では使用不可となります。

ゲームリセットの選択肢が備わっていることにより、Gas Heroのトークン経済にインフレや停滞が起きた場合でも、すべてやり直す事が可能です。

4.Gas Heroで利益を上げる方法

出典:Gas Hero公式サイト

Gas Heroのプレイを通じて収益化する方法を解説します。

  1. リーダーになって収入の一部を得る
  2. Gas HeroのNFTを販売する
  3. バトルに勝ってインセンティブを獲得する

4-1.リーダーになって収入の一部を得る

Gas Heroには175の都市があり、端的に前述した通り、世界・都市・地区・ギルド・クランの順に枝分かれしています。各地区のリーダーには次のような名称があります。

  • クラン:クランチーフ
  • ギルド:ギルドマスター
  • 地区:地区長
  • 都市:市長
  • 世界:ワールドエルダー

1つの拠点のリーダーになると、管轄エリアの税収から20%を収入として得られます。

4-2.Gas HeroのNFTを取引する

Gas Heroのゲーム内にあるパーソナルアドベンチャーで、敵を倒すとブリードに必要なポーションなどのNFTアイテムを獲得することができます。

獲得したNFTはFSL独自のマーケットプレイスである「MOOAR」で出品して売却すれば、GMTトークンを獲得可能です。

4-3.PvP戦

Gas Heroには定期的にPvP(Player versus Player)戦があり、勝利すると多額の報酬を獲得できるチャンスがあります。

2024年1月13日に開催されたバトルでは、原資となるオークション収益が好調だったため、チャンピオンになるとおよそ46万GMT(1,600万円)もの報酬を得られるようなイベントがありました。

Gas HeroはPvP戦バトルが定期的に開催されているため、公式XDiscordなどを定期的にチェックしましょう。

5.Gas Heroの始め方

出典:Gas Hero公式サイト

最後に、Gas Heroの始める手順を解説します。

  1. 暗号資産取引所の口座を開設してGMTトークンを獲得する
  2. 公式サイトにアクセスしてアカウントを作成
  3. チュートリアルをクリアする
  4. 基地建設車両(ベース)を購入する
  5. キャラクターを強化する

5-1.暗号資産取引所の口座を開設してGMTトークンを獲得する

Gas Heroを始めるためには、暗号資産GMTが必要です。GMTを獲得するには、暗号資産取引所の口座を開設し「MATIC」という暗号資産を購入しておきましょう。

購入後はMetamaskなどのウォレットに出金し、分散型取引所の「DOOAR」を使いMATICをGMTに交換します。

GMTを獲得できたら、ゲーム内ウォレットのアドレスに送金すれば完了です。

5-2.公式サイトにアクセスしてアカウントを作成

GMTトークンを獲得後、Gas Heroの公式サイトにアクセスして「Play now」をクリックしてインストールしましょう。インストールが完了するとアカウント作成画面に移りますので、メールアドレスやGoogleアカウントなどを使ってGas Heroのアカウントを作成します。

アカウント作成が完了すると、マーケットプレイスである「MOOAR」にもアクセス可能となります。

5-3.チュートリアルをクリアする

Gas Heroのアカウトができたらチュートリアルが始まり、無料で4人のヒーローと武器、ペットを受け取れます。ただし、無料ヒーローは寿命が2日と限られているため、期間内に新しいヒーローを購入しないとゲームを進められなくなりますので、注意してください。

戦闘はオートバトル形式で自動で開始されるため、プレイヤーは特に操作する必要はありません。

5-4.基地建設車両(ベース)を購入する

チュートリアルをクリアしたら、ゲーム内で定住するために必要な基地を建設しましょう。基地を建設するときはエリアを自分で選定する必要がありますが、プレイヤーが定住場所を決めない場合はシステムがランダムで選択します。

なお、基地の建設にはベース建設車両(BCV)NFTが必要になりますので、MOOARAマーケットプレイスで購入しましょう。

5-5.キャラクターを強化する

ヒーローたちは基地を建設後に各エリアを自由に冒険できるようになるため、好きな場所にヒーローを配置しましょう。ヒーローは6人まで配置できますが、時間が経過するとAIによる放射線にさらされてしまい、エネルギーが消費され最終的に死んでしまいます。

6.Gas Heroで、AIによって破滅した世界を再建に導く

Gas Heroはまだリリースされたばかりですが、定期的にイベント告知があるため、公式XDiscordをこまめにチェックしながら最新情報を獲得し、Web3の世界を実体験してみてはいかがでしょうか。

関連:GSTの買い方|STEPNで使われる仮想通貨の将来性、GMTとの違いを解説

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧