CoinPostで今最も読まれています

AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

AIと仮想通貨のシナジー

米暗号資産(仮想通貨)投資企業Bitwiseのアナリストであるジュアン・レオン氏は11日、人工知能(AI)と暗号資産(仮想通貨)の相乗効果についてのレポートを発表した。

この二つの技術が組み合わされば、2030年までに世界のGDPに合計20兆ドル(約3,100兆円)を追加する可能性もあると意見している。

レオン氏はAIと仮想通貨が交差する点として、まずデータセンターを挙げた。データセンターへの需要がひっ迫しているとして、次のように指摘している。

AI覇権をめぐる競争により、データセンター、AIチップ、電力へのアクセスが前例のないほど不足している。

世界最大の4つのクラウド企業(Amazon、Google、Meta、Microsoft)は、主にAIの需要増加に対応するために、2025年だけでデータセンターの増築に2,000億ドル(約31兆円)近くを費やすと予想されている。

こうした状況で、膨大な量のデータを処理および保存する目的に特化して構築されている、ビットコインマイニング事業者の施設が役立つと続けた。

実際に、米上場マイニング企業コア・サイエンティフィックやHut 8、Iris Energy、その他のマイナーも、AI向けのコンピューターホスティング事業に取り組み始めているところだ。

例えばコア・サイエンティフィックは、AIモデルのトレーニング向けインフラ提供で、AIクラウドプロバイダーCoreWeaveと12年間に渡る契約を結んだ。この期間の累計総収益は35億ドル(約5,490億円)になると見積もられている。

関連: 米マイニング企業Core ScientificがAIインフラ企業と契約 12年間で推定5400億円の収益見込む

なお、CoreWeaveはコア・サイエンティフィックを買収する提案も行っていた。同社の発行済み株式すべてを完全希薄化ベース(将来の株式発行も考慮する方法)で10億2,000万ドル(約1,600億円)で取得するとしていたが、コア・サイエンティフィックは、これは過小評価だとして断った。

ディープフェイク対処や仮想アシスタント

データセンターでの提携の他、レオン氏は仮想通貨とAIの交差点として、情報検証やバーチャルアシスタントの分野も挙げた。

AIの生成するコンテンツについてはフェイクが拡散されるリスクも存在する。分散型パブリックブロックチェーンは、そのアクセシビリティ、透明性、改ざん耐性などによりこれに対処できる可能性があると述べる形だ。

レオン氏は具体的な例として、Attestivというスタートアップ企業に言及した。この企業は、動画のメタデータ(録画日時や場所など)に基づいてデジタル「指紋」を作成しブロックチェーンに保存する。

動画が操作されている疑いがある場合には、プラットフォームはオリジナル動画と照合して、視聴者に改ざんされていると知らせることが可能だ。

関連: 海外仮想通貨取引所のユーザー、AIによるディープフェイク受け不正流出

また、レオン氏はAppleのSiriなどに代表されるバーチャルアシスタントに関しては、飛行機のチケットの購入から予約などの業務をこなすことができるようになっていると指摘。

こうしたアシスタントがスマートコントラクトやビットコイン、ステーブルコインなどの分散型の仮想通貨を扱えるようになることで、生産性がさらに高まる可能性があると意見している。

レオン氏は最後に、PwCが2030年までにAIは15.7兆ドル、仮想通貨は1.8兆ドルを世界経済にもたらす可能性があると予測していることに言及した。合計すると17.5兆ドルになるが、両方の技術のシナジーにより合計価値が20兆ドル以上に達することも有り得るとしている。

関連: イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達

関連: OpenAI、生成AIの革新的ニューモデル「GPT-4o」公開

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/15 月曜日
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスクについて解説。イーロン・マスク氏との関係や、今後注目されるXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧