CoinPostで今最も読まれています

次世代フィットネスアプリ「STEPN GO」とは 仮想通貨GGTの将来性や役割を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

STEPNGOアルファリリース

2024年6月、Android版に続いてiOS版の「STEPN GO(ステップンゴー)」のアルファ版がリリースされました。同月17日から、ゲームプレイに有利な特典がもらえる体験キャンペーン「アルファドロー」が開催されており、注目が高まっています。

  • 特徴とビジョン
  • 「STEPN GO」はWeb2ユーザーとソーシャル面に焦点を当て、創業者のYawn氏が公言したように、1,000万人規模のユーザーをWeb3業界にオンボード(案内)することを目指しています。メールアドレスとアクティベーションコードだけで始められる手軽さが特徴です。

  • 前作との違い
  • 「STEPN GO」は、運動強度に応じたNFTの靴を購入し、歩くことで暗号資産を稼ぐM2E系ブロックチェーンゲーム「STEPN(ステップン)」の続編です。既存のSTEPNユーザーは、より低コストでSTEPN GOに参加できる方針が示されています。

  • ゲームの概要
  • プレイヤーは保有するデジタルシューズのタイプに合わせて、歩いたりジョギングしたりすることで暗号資産トークンを獲得できます。公式サイトでは、「STEPN GOのスニーカーは単なるコレクションではなく、フィットネス活動を追跡し、動きに基づいてトークンと報酬を獲得できるツール」と説明されています。

  • 新エナジーシステム
  • STEPN GOでは、エナジーを獲得したり上限を増やすために、スニーカーをバーン(焼却)する必要があります。バーンにより流通量が減少し、NFTの靴の価値が下落しにくくなり、エコシステムの維持につながる設計となっています。

  • プロジェクト詳細と参加方法
  • この記事では、STEPN GOの注目機能と暗号資産GO GAME TOKEN(GGT)の役割、そしてアルファドローへの参加方法を詳しく解説します。

目次

STEPNGO参加に必要なポリゴン(MATIC)の購入に

STEPN GOの注目点

STEPN GO(ステップンゴー)は、前作の基本的なコンセプトを踏襲しつつ、新機能「The Haus(ハウスシステム)」を導入。このシステムにより、友人や家族に貸し出すことができる機能が追加され、初期投資ゼロでもスニーカーのレンタルが可能となり、エナジーの共有や収益分配ができるようになるなど、新規ユーザーの参入障壁が大幅に下がります。

さらに、自分のイメージに合った3Dアバターを作成して、NFTの衣装を着せることができます。

他のユーザーとの接点となるインタラクティブマップや、プレイヤー対プレイヤー(PvP)モードを実装。ソーシャル要素が強化され、ユーザー同士のコミュニケーションを活かした攻略も可能になり、多様なゲーム性を楽しむことができるでしょう。

STEPNとSTEPN GOの比較
名称 STEPN STEPN GO
開始 2021年 未定
開発会社 Find Satoshi Lab (FSL) Find Satoshi Lab (FSL)
特徴 「Pokemon Go」で本格的に普及したARゲームのように、GPSを使って運動の進捗に基づいてポイントを獲得する。
暗号資産で報酬を得る「Play to Earn(プレイ・トゥ・アーン)」モデルを採用
追加機能:
・Haus System:
スニーカーのレンタル、耐久性の管理に必要な「エネルギー」の共有、報酬の分割も可能。
・FSL ID:Eメールアドレスで取得可能。Web3特有のシードフレーズが不要。
・インタラクティブマップ
・PvPモード
暗号資産 GSTとGMT GGTとGMT
対応チェーン ソラナ、イーサリアム、BNB ポリゴン
利用者数 560万人以上
提携企業 アディダス、アシックス等

2024年7月現在、アルファ版リリースを予定しているSTEPN GOの正式リリース日はまだ決まっていません。最新情報については公式SNSや公式サイトのホワイトペーパーやロードマップを確認しましょう。

アルファドローとは?

Alpha Draw(アルファドロー)は、STEPN GOのベータ版テストへの参加権を獲得するための抽選機会です。開催期間は、2024年6月17日から7月16日まで。期間中、毎日8時間ごとに3ラウンドが予定されており、さらに追加のエクストララウンドがあります。

アルファドローは最小ロット5GMT〜と少額からでも参加可能ですが、非常に人気が高く当選確率はかなり低いです。抽選に参加したGMTは4年後の2028年までロックされます。

参加特典として、先行でゲームに参加するためのシューズボックスや3種類のステッカーコレクションが手に入ります。また、ベータ版参加者には、STEPNで期待されながらも実現しなかったスニーカーレンディング「ハウスシステム」のオーナーになれるなどの特典があります。

ハウスシステムのソーシャル機能によって、暗号資産の初期投資やデジタルウォレットの知識がなくても手軽に始めることができます。

Alpha Drawの日程と特典

アルファドロー 時間 (日本時間) 当選NFT
12回x3ラウンド 午前10時~午前11時 各回当選者1名: Soul-Bound STEPN GOシューズボックス3個
午後6時~午後7時
午前2時~午前3時
追加ラウンド3回 午前11時5分 各回10名の当選者: Soul-Bound STEPN GOシューズボックス30個
午後7時5分
午前3時5分

キャンペーンを通じて、合計で約6,000個のSTEPN GOスニーカーが抽選でプレゼントされます。さらに、アルファドローでシューズボックスを3つ入手すると、STEPN GOのアルファテストへの限定アクセスが可能になります。各ボックスには(売買の出来ない)ソウルバウンドスニーカーが1足入っています。

STEPNGO参加に必要なポリゴン(MATIC)の購入に

Find Satoshi Lab(FSL)について

STEPN・STEPNGOを手掛けるFind Satoshi Lab(FSL)は、多くのプレイヤーをWeb3(分散型アプリ)に導くことを目指す開発会社です。他にも分散型取引所「DOOAR」、スニーカーNFTの専用マーケットプレイス「MOOAR」、Web3 MMOゲームの「Gas Hero(ガスヒーロー)」など、仮想通貨GMTを中心とするエコシステムを拡充しています。

関連:STEPN運営企業Find Satoshi Lab、Web3ゲーム「Gas Hero」をローンチへ

同社は、過去にセコイアキャピタルやソラナ・ベンチャーズ、バイナンスラボなどの大手ベンチャーキャピタルから出資を受けたほか、アシックスやアディダスといった大手スニーカーブランドをはじめ、NTT docomoや攻殻機動隊と提携するなど、Web3企業としての存在感を強めています。

関連:「STEPN」のビジョンとは|グリーンなWeb3.0が築くカーボンニュートラルな世界

関連:STEPNとアディダス提携、NFTスニーカーリリースへ

Web3×ヘルスケアの親和性

出典:STEPN GO

FSLの使命の一つには、STEPNを代表とするWeb3ライフスタイルアプリのエコシステムを通じて、「ユーザーの健康的な生活を奨励すること」があります。

現代社会において、デスクワークの増加に伴う慢性的な運動不足や不健康な食生活が健康問題を引き起こしています。これには生活習慣病、不安やうつ病などのメンタルヘルスの悪化も含まれます。

定期的な運動は、脳内のセロトニンレベルを上昇させ、認知機能の改善、ストレスの軽減、心臓の健康向上に寄与します。ハーバード大学の研究によると、1日21分(週に2.5時間)のウォーキングで心臓病のリスクが最大30%減少し、毎日30分のウォーキングでメンタルヘルスが大きく改善されるとされています。

このような背景から、STEPNは「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」といったシンプルな運動に着目し、ユーザーに明確なインセンティブを提供することで、運動習慣の形成を促進し、世界中の人々の健康状態を改善することを目指しています。

STEPNが560万人ものユーザー基盤を獲得した要因の一つには、Web3業界においてエンジニアや投資家の比率が高く、彼らが投資活動と運動不足の解消を兼ねてSTEPNを利用したことが挙げられます。

特に日本でSTEPNは人気があり、日本人ユーザーの割合が高いことが特徴です。これは、健康への意識の高さ、デジタルシューズを購入・売買できる所得水準、外出時の安全性など、日本の環境も大きな要因となっています。

仮想通貨GO GAME TOKEN(GGT)の役割と将来性

STEPNでは、歩いて稼ぐMove to Earn(M2E)によってGMTやGSTトークンを獲得することができました。GMT(Green Metaverse Token)は、STEPNやGasHeroで利用される発行上限ありのガバナンストークン。

市場価値は共通であるものの、対応するブロックチェーンとしてはソラナ(SOL)、BNB、イーサリアム(ETH)チェーンのレルムごとにsGMT、bGMT、eGMTと3種類ありました。

GST(Green Satoshi Token)は、STEPNのゲーム内通貨であり、ブロックチェーンごとに異なる市場価値のsGST、bGST、eGSTが存在します。

関連:STEPNの「GMT(Green Metaverse Token)」とは|主な特徴と注目ポイントを解説

一方、STEPN GOでは、GasHeroと同じくポリゴン(MATIC)基盤のpGMTが利用されるほか、新たな暗号資産(仮想通貨)であるGGTが使用されます。

GO GAME TOKEN(GGT)

ユーティリティートークンであるGO GAME TOKEN(GGT)は、供給量に制限はなく、ユーザーが屋外で移動することで獲得できます。

その報酬は、歩行距離や速度、時間などによる条件やルールに基づいて決められます。

またユーザーはアプリ内でGGTをburn(燃焼)させることで、様々なレベルアップ機能を得ることができます。

STEPNのユーティリティートークンであるGSTは、新しいNFT靴を生成するためのmint(鋳造)コストをはじめ、靴5足をバーンしてレアリティを1段階引き上げるともに超低確率で超高性能なRainbow Sneaker(レインボースニーカー)を入手可能なエンハンスや、摩耗したスニーカーの修復、ミステリーボックスの開封、ジェムのアップグレードなどで利用できました。

STEPNGOでは、新たなユーティリティを含むさらに多様な使い道が想定されます。

ホワイトペーパーの記述によれば、NFTのデジタルスニーカーをレベルアップすることで1日あたりに獲得可能なトークン量を増やすことができるほか、NFTのジェムを燃やすことで、靴レベルをMAXにした時の獲得上限「300GGT/日」をさらに増やすことができます。

そのため、STEPN GOがブームになった場合は、GGTを取扱う暗号資産(仮想通貨)取引所が増えて上場先の売買出来高が急増したり、mint需要やGGTの獲得キャップ解除需要が大幅に上昇する可能性が考えられます。

STEPN GOでは、スニーカーに装着可能なジェムの属性にEfficiency、Luck、Comfort、Resilienceに加え、「魅力」と「カルマ」という新属性が2つ追加されているほか、FSLが開発中のソーシャルプラットフォームであるMoonBaseと名付けられたメタバース(仮想空間)を想定した3Dアバターおよび「衣装(Outfit)NFT」などが発表されており、GGTやpGMTの消費先は多数用意されていそうです。

GMT(Green Metaverse Token)

STEPNGOでは、STEPNで主流だったソラナ基盤の「sGMT」ではなく、ポリゴン基盤の「pGMT」が使われます。

STEPNGO参加に必要なポリゴン(MATIC)の購入に

アルファドローの抽選申し込み方法

出典:STEPN GO

Alpha Draw(アルファドロー)は、STEPN GOのアルファテストへの参加権を獲得するための抽選機会です。アルファドローの抽選機会は、以下の手順で申し込みできます。

  1. STEPN GOアプリをダウンロードして新規アカウントを登録、またはログイン
  2. GMTをSTEPN GOアプリに送付
  3. GMTをロックしてAlpha Drawに参加
    ※このGMTは4年間ロックアップされます

アプリをダウンロードして新規アカウントを登録、またはログイン

Apple App Storeや、Google Playで、アプリをダウンロードし、Eメールアドレスで登録します。

STEPN GO
公式アプリDL
App StoreGoogle Play

秘密鍵やシードフレーズは、設定画面より二段階認証を設定することで確認が可能です。

出典:STEPN GO

STEPN GOアプリにGMTを送る方法

STEPN GOはポリゴン(MATIC)ブロックチェーン上で展開されます。STEPN初心者の日本の投資家が、アルファドロー参加のために必要なGMTを調達するには、以下の手順が必要です。

  1. 国内取引所(ビットバンクなど)でMATICを購入し、メタマスクなどに送付する。
  2. FSL開発の分散型取引所「DOOAR」でMATICをpGMTにスワップする。
  3. STEPN GOアプリで取得できるウォレットアドレスにpGMTを送金する。

STEPNGO参加に必要なポリゴン(MATIC)の購入に

1.国内取引所(ビットバンク)でMATICを購入し、メタマスクに送金

①bitbankアプリ「取引所」→ 「MATIC/JPY」を選択しMATICを購入

出典:Bitbank

②「メニュー」→ 「出金」→「MATIC」を選択

出典:Bitbank

③「アドレス一覧」からメタマスクのアドレスを追加→「ネットワーク」はPolygonを選択、「MATICアドレス」にメタマスクのアドレスをコピペし任意の情報を入力し追加する

出典:Bitbank

④数量を入力後出金し、メールで出金申請の確認をし完了する

メタマスクへの送金方法は下記の記事で詳しく解説されています。

関連:仮想通貨ウォレット「メタマスク」の使い方、送金、セキュリティ対策を徹底解説

2.分散型取引所「DOOAR」でMATICをpGMTにスワップ

①DOOARに接続し、「Connect Wallet」でメタマスクに接続

出典:DOOAR

②対応チェーンをデフォルトのSolanaから「Polygon」に変更

出典:DOOAR

③Swapしたい「GMT」を選択し、数量を入力後「SWAP」をクリック

出典:DOOAR

③ガス代(手数料)を確認し「確認」をクリック

出典:DOOAR

※ガス代分のMATICは残してSWAPします。

3.STEPNGOに紐付けたウォレットアドレスに送金

①画像矢印の辺りをタップ

出典:STEPN GO

②STEPN GOのウォレットアドレスをコピーし、メタマスクで送金先アドレスにペーストし指定する

出典:STEPN GO

③メタマスクからGMTとガス代としてのMATIC(1〜2Maticで充分)を送金する

アルファドローの申し込み手順

アプリにGMTとMATICが準備できたら、いよいよアルファドローに参加です。

①「PLAY」をタップして、抽選に参加するチケット数を入力し「STAKE」できたら完了

チケットごとに5GMTのロックが必要です。ロック期間は2028年4月19日まで。

出典:STEPEN GO

②画面上部にロック(STAKE)されたGMTが表示される

出典:STEPN GO

※まとめて参加する場合は「BULK PARTICIPATE」から参加

③画面下部右のアイコンをタップすると、入手したチケットが表示され、抽選後に削るとステッカーが表示される

出典:STEPN GO

エクストラ ラウンド: 12回のいずれかに参加した場合、エクストラ ラウンドに自動的に登録されます。

チケットをスクラッチすると、ユーザーは次のいずれかを獲得するチャンスを得ます。

     
  • Soul-Bound Sneakerが入ったSoul-Bound Shoebox 3個
  • エクストララウンドの勝者にのみ与えられる、Soul-Bound Shoebox10個
  • Uncommonコレクションステッカーセット(6 Stickers)
  • Rare コレクションステッカーセット (12 Stickers)

  • Epic コレクションステッカーセット(24 Stickers)
  • ・ユーザーは1ドロー(抽選)ごとに最大10枚のチケットを取得でき、エクストララウンドごとに合計で最大120枚のチケットを取得できます。

    ・ユーザーは、5GMTのロックごとに、アルファドローラウンド チケット1枚とエクストララウンドチケット1枚の計2枚のチケットを自動的に受け取ります。

    ・なお、Soul-Bound ShoeboxとSneakerは取引や譲渡ができません。

まとめ

STEPN GOは、健康的なライフスタイルを促進しながら暗号資産を稼ぐという革新的なアプローチを提供しています。追加機能により、さらなる拡大が期待されます。投資初心者の方は、まず国内取引所のビットバンクに口座を開設し、MATICを購入してみましょう。アルファドローへの参加をきっかけに、STEPN GOの楽しさと健康効果を体験してみてください。

STEPNGO参加に必要なポリゴン(MATIC)の購入に

関連:ブロックチェーンゲームでも税金が発生する?課税のタイミングやNFT取引における所得の注意点などを解説|Aerial Partners寄稿

記事の監修

各務 貴仁各務 貴仁
株式会社CoinPost 代表取締役CEO、株式会社SUDACHI Tech 代表取締役、一般社団法人WebX実行委員会 理事。
2017年に日本最大(2024年現在)の暗号資産・Web3メディアCoinPost、2023年よりグローバルカンファレンスWebXを立ち上げる。また、次世代テックを活用した福祉事業Wave3やWeb3に特化した開発支援事業SUDACHI Techも展開する。
2024年には、経済産業省「Web3.0・ブロックチェーンを活用したデジタル公共財等構築実証事業」にて有識者委員として選任される。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧