CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨市場の日本人投資家の選好は? グローバル市場と比較分析|Bitgetリサーチ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

下記は、Bitgetのリサーチチームが出した日本市場に関するレポートの要約です。

日本の暗号資産市場を分析

豊かな歴史と文化を持つ日本は、技術革新や金融分野で世界的な評価を得ており、その強固な金融システムと最先端のフィンテックソリューションによって、世界経済における重要な地位を維持しています。

暗号資産取引高の法定通貨別シェアの面でこそ、仮想通貨バブルと呼ばれた2017〜2018年頃と比較すると円建て(JPY)取引のプレゼンス後退は指摘されるものの、Web3および暗号資産(仮想通貨)領域では、全体的な流通量と浸透度合いにおいて、日本は世界有数のポジションと評されています。

日本人のイノベーションマインドは、ローカライズされた革新的なブロックチェーンゲーム事業やNFT(非代替性トークン)などの技術的な取り組みといった形で、上場企業の携わるWeb3関連事業にも及んでいます。

一方、日本では過去にマウントゴックス(Mt.Gox)やコインチェックで過去2回に渡る大規模ハッキング事件が発生した結果、日本政府および金融庁はいち早く暗号資産(仮想通貨)の規制面を整備し、セキュリティ対策や顧客保護の仕組みは他の先進国よりも早い段階で確立されています。

日本の市場規模は

米ブロックチェーン分析会社Chainalysisの2023年度調査レポート「Geography of Cryptocurrency Report」によれば、日本は世界第18位です。イギリス、カナダと並び、フランス、ドイツ、オランダなどの主要な西欧諸国を上回っています。

日本の仮想通貨普及指数の内訳を見ると、CeFi(中央集権型金融)の取引量では世界22位、DeFi(分散型金融)の普及率は18位を示している一方、個人間で仮想通貨を取引するP2P(ピア・ツー・ピア)取引における出来高水準では49位と世界平均を大きく下回っています。

こちらの図は、2022年7月から2023年7月の期間において、アジア各国における暗号資産プラットフォーム別のシェアを示したものです。韓国と比較すると日本はCEX利用率がやや低く、DEX利用率が高いことがわかります。

また、日本の推計市場規模(23年11月〜24年4月)は、トルコとインドネシアの間に位置づけられ、税制的に優遇されている韓国の約3分の2の規模にあたります。

出典:bitget資料

日本の投資家には独自の傾向が見受けられ、シバイヌトークン(SHIB)のような第一世代のミームコインやXRP、ADAのような確立されたブルーチップトークン(優良銘柄)に強い関心を維持しており、1日あたりのアクティブトレーダーは、約35万人に上ります。

日本には、ビットフライヤー(bitFlyer)、コインチェック(Coincheck)、ビットバンク(bitbank)といった老舗の有力取引所があり、これら3つで国内のCEX市場シェアの42%以上を占めます。

特に中高年のトレーダーは、海外の仮想通貨取引所よりも、安心感のある国内のローカル取引所を強く選好する傾向があるようです。

一方、 日本国内の取引所では金融庁および自主規制団体JVCEAが承認した暗号資産しか扱えず、承認プロセスも時間がかかります。また、デリバティブ取引のレバレッジはかつて最大16倍でしたが、規制を重ねて最大2倍まで制限が厳しくなりました。

その結果、先物取引やアルトコイン取引に積極的な経験豊富な日本人トレーダーは、日本国内よりも海外の大手取引所を選好します。

さらに、日本のユーザーの多くは長期保有者ですが、その主な理由は、日本の税制では暗号資産の利益に対して最大45%に達するため、短期的な利益よりも長期的な投資リターンを重視していることにあります。

日本人投資家の人気銘柄は

過去1年間の検索キーワードの上位を分析したところ、日本のユーザーが頻繁に検索した用語は次のとおりでした。

  • SHIB
  • DOGE
  • Solana
  • XRP
  • ADA

過去3か月間(2月28日~5月28日)の日本における上位の検索用語の例は次のとおりです。

  • PEPE
  • QUBIC
  • AEVO
  • NOT

このデータから次のことがわかります。

(1) 日本のユーザーは、DOGEやSHIBなど第一世代のミームコインに高い関心を持っています。

Shiba InuやAkitaなど、犬をテーマにしたミームコインを好む傾向が反映されている可能性もあります。複数の取引所の内部データによると、BABYDOGEも日本のユーザーが好んで取引するミームコインの一つです。

しかし、BOMEやSLERFのような最新の人気ミームコインは、検索トレンドには見当たりません。

(2) 日本のユーザーは、XRPやADAのような初期のブルーチップトークンに引き続き熱中しています。

海外の大半の国では、これらのトークンは過去1年間のトレンド検索リストには登場していません。また、日本の金融大手SBIホールディングスグループとRipple社(リップル)の提携の影響もあり、日本でのXRPへの高いトラフィックが維持されています。

日本ユーザーの人気プラットフォームは

日本のユーザーは、NFT取引、オンチェーンタスクプラットフォーム、オンチェーン取引、Web3ゲームに高い関心を示しています。

シミラーウェブのデータによれば、最もアクセス数の多い上位10サイトのうち、2サイトがNFT取引プラットフォーム(OpenSeaとMagic Eden)であり、日本のユーザーのNFT取引に対する強い熱意を示しています。

また、Web3タスクプラットフォームやDEXデータ・取引サイトも人気が高く、トークンなどの各種エアドロップ(無料配布)キャンペーンへの参加やオンチェーン資産の取引への関心が高いことがわかります。

さらに、日本市場ではいくつかのローカルプロジェクトが注目を集めています。たとえば、「和製イーサリアム」とも呼ばれるCardano(ADA)は、日本でかなりの関心を得ています。その創設者であるCharles Hoskinson氏は、Cardanoを裏付けるテクノロジーとビジョンを広めるために、日本で複数のセミナーや活動を行いました。

元ソニー社員でジャスミー株式会社の代表取締役社長である佐藤一雅氏によって設立されたIoTプラットフォームJasmyCoin(JASMY)も「AIとIoT」というストーリーを掲げており、今年の第2四半期にはトークン価格が3倍に上昇したため、かなりのトラフィックを記録しました。

Astar(ASTR)やOasys(OAS)など、日本発祥のチームが率いる他のプロジェクトも、日本国内での高い認知度と取引需要があります。

dApps(分散型アプリケーション)などのインタラクションについていえば、日本には従来型のゲーム産業において強固な基盤があるため、ローカライズされたブロックチェーンゲームプロジェクトが数多く存在します。

これらの多くは、ゲーム内のアイテムや資産をトークン化し、NFTやその他のデジタル資産を生み出します。そのため、日本のユーザーはオンチェーンでのDEX(分散型取引所)の取引、NFTの送金、スマートコントラクトに他国ユーザーよりも精通しています。

人気ウォレットは

デジタルウォレットの利用状況を見ると、日本ではMetaMask、Bitget Wallet、Phantom、Trust Wallet、Coinbase Walletの5つが上位を占めています。

MetaMaskは、イーサリアムのエコシステムにおいて最も早く登場したウォレットの1つであり、大きな先行者利益を享受しています。ほとんどのEVM互換チェーンエコシステムプロジェクトは、MetaMaskに優先的に対応しており、日本のみならず世界でも非常に人気があります。

Bitget Walletは、日本でのダウンロード数で、MetaMaskに次ぐ2位に急浮上しました。100を超えるブロックチェーンに対応し、スワップ向けに革新的な流動性集約アルゴリズムを提供し、よりスムーズな取引体験を実現しています。

最近ではソラナチェーンに対応できるよう機能を拡張し、オンチェーンアノマリーアラートと市場トレンドに関するスマートレコメンデーションサービスを取り入れたことで,活況を呈するミームコイン市場でオンチェーン分析を活用し、優位性を得ることができるようになりました。

Solanaエコシステムが人気を博す中で、Solanaネットワークで最も人気のあるネイティブウォレットであるPhantom(ファントム)が3位に位置付けられています。日本におけるPhantomウォレットの人気は、Solanaエコシステムの力強い回復、活況を呈するミームコイン市場、エコシステムがもたらすビジネスチャンス、将来のエアドロップへの期待など、いくつかの要因によってもたらされています。

2024年下半期の日本市場の動向については、コンプライアンス政策が国際的に広がっていることや仮想通貨資産ETFが米国で上場したことにより、日本でも仮想通貨に投資する機関投資家や個人投資家が増え、仮想通貨を取引する1日のアクティブユーザーは、2024年の35万人から年末には約50万人に増加することが予想されます。

参照:BitGetレポート

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧