CoinPostで今最も読まれています

ビットコインを無料で入手する方法5選|方法や注意点を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン(BTC)は、2009年1月に最初の取引が行われてから現在に至るまで、多くの取引所や現実世界での取引に活用される暗号資産(仮想通貨)の一つです。

2022年2月現在、時価総額は85兆円を超えており1BTC(BTC=ビットコインの通貨単位)は約450万円と高額で、年々市場規模は拡大しています。

一方で、取引所は集客のためにビットコインを配布するキャンペーンやサービスを行っており、上手に活用すると無料でビットコインの入手が可能です。

本記事では、ビットコインを無料で手に入れる方法を紹介しているほか、無料でビットコインを入手した際の注意点や保管に適した取引所を紹介しております。最後までご覧ください。

目次
  1. ビットコインは無料で手に入る
  2. ビットコインを無料で受け取る方法5選
  3. ビットコインを無料で貰う際の注意点
  4. 無料で入手したビットコインの保管に適した取引所
  5. まとめ

1.ビットコインは無料で手に入る

ビットコインを入手する手段として最もメジャーな方法は、仮想通貨取引所で現金を使って購入する方法です。

一方で、取引所は集客のためにビットコインを配布するキャンペーンやサービスを行っており、上手く活用することで無料でビットコインを入手できます。

無料でビットコインが手に入るため、ノーリスクでビットコインの取引を始めることが可能です。ビットコインの価格が高騰した場合には、無料で貯めたビットコインが数倍になる可能性もあります。

2.ビットコインを無料で受け取る方法5選

ビットコインを無料で受け取る方法は大きく分けて5つあります。

取引所のキャンペーン
公共料金の支払い
買い物やサービスの利用
ポイントサイトの利用
ゲームをプレイして換金

直接ビットコインを入手する方法やポイントをビットコインに変換する方法など、5つの方法について詳しく解説いたします。

2-1取引所のキャンペーン

取引所が実施している口座開設キャンペーンや友達紹介キャンペーンなど、各種キャンペーンの報酬としてビットコインを無料で入手できます。

キャンペーンの種類によっては、口座開設だけでなく実際に取引を行う必要があり、キャンペーン内容と受け取り条件をしっかりと確認しましょう。

本記事では口座開設を行うだけでビットコインが入手できる取引所をご紹介します。

2-1-1 DMMビットコイン

キャンペーン期間中である2024年03月1日 6時59分までに新規に口座開設を行った方のトレード口座に1,000円が入金されます。

ただし、DMMビットコインの解約履歴がある方はキャンペーン受け取り対象から外されてしまう点に注意しましょう。

2-2 公共料金の支払い

コインチェック株式会社が運営している取引所、コインチェックはインフラ事業にも参入しているため、「Coincheckでんき」や「Coincheckガス」で電気代やガス代の公共料金を支払えます。

Coincheckでんきでは毎月に発生する電気料金によって最大7%、Coincheckガスでは3%のビットコインを入手できます。

毎月発生する公共料金の支払いに応じて還元される仕組みで、利用する期間が長いほど相対的にビットコインを多く受け取れるため、公共料金の支払いはコインチェックを利用するとよいでしょう。

ただし、CoincheckでんきとCoincheckガスの両方でサービスを受け取ることができない点を、注意する必要があります。

2-3 ポイントサイトの利用

ポイントサイトを利用して集めたポイントをビットコインに変換する方法やポイントの代わりにビットコインを入手する方法もあります。

ポイントサイトでは、ポイントサイトを経由したネットショッピングやサービスの利用のほかに、アンケートの回答やミニゲームなどでポイントを獲得できます。

全てのポイントサイトでビットコインに変換できるわけではないため、ビットコインに変換できるポイントサイトを選定し、利用するとよいでしょう。

2-4 ゲームをプレイして換金

ゲーム内で流通しているトークンをビットコインに換金できるゲームやゲーム内で販売した商品をビットコインに変換できるゲームがあります。

ゲーム内での行動が利益につながるため、ゲームをやりこむほどにビットコインが稼げるためゲーム好きには嬉しいサービスといえます。

また、明日のビットコインが上がるか下がるかを予想する簡単なゲームもあるので、ゲームが苦手な方でも無料でビットコインを獲得できます。

3.ビットコインを無料で貰う際の注意点

ビットコインを無料で貰う際、注意しなければならない点は下記2つです。

1ビットコインを保管する口座が必要
2貰ったビットコインにも税金が発生

ビットコインを保存する口座がない場合、無料で取得できるはずだったビットコインが取得できない可能性が生じるほか、無料で取得したビットコインの金額によっては納税の義務が発生する場合があるため、詳しく解説します。

3-1 ビットコインを保管する口座が必要

ビットコインを保管するためには、ビットコインの保存に対応した口座が必要です。

多くの場合は、ビットコインが購入できる取引所が用意しているウォレットに入金されますがサービスによっては保存先が異なるため、ビットコインを貰えるサービスの保存先であるウォレットを確認して口座開設を行うようにしましょう。

3-2 貰ったビットコインにも税金が発生

ビットコインは、暗号化されたデータではありますが資産として扱われているため、年間20万円以上ビットコインを貰い売却した場合、納税の義務が発生するため確定申告を行わなくてはなりません。

課税対象となった場合は、本業の所得にビットコインを含めた仮想通貨の取引で得た利益を追加した所得総額に応じた所得税率で税金を支払います。

無料で入手できるビットコインで20万円以上を取得するのは難しいといえますが、ビットコインなど仮想通貨を運用して20万円を超えることは可能なため、覚えておいて損することはないでしょう。

知っておきたい仮想通貨にかかる税金
ビットコイン・イーサリアムなど2020年度は仮想通貨市場が大きく盛り上がった年となりました。仮想通貨取引での所得について、どのような税金がかかるのか、税務に詳しくない方にもわかりやすく説明していきます。

4.無料で入手したビットコインの保管に適した取引所

ビットコインの保管に適した無料の取引所は2つあります。

コインチェック
DMMビットコイン

4-1 コインチェック

コインチェックは、サイトデザインがシンプルで使いやすく、初心者から上級者まで幅広く活用される大手取引所です。

ネット証券を運営している東証一部上場企業マネックスグループを親会社にもっており、サイバー犯罪などインターネットを悪用した犯罪に対してセキュリティ対策を施し、安全性が高いためビットコインの保管に適した取引所です。

また、「Coincheckでんき」や「Coincheckガス」に対応しており、公共料金の支払いとともにビットコインを入手できるサービスが手軽に利用できます。

仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント
東証1部上場企業マネックスグループ傘下の仮想通貨取引所コインチェックについて、投資家目線でオススメする3つの注目ポイントを紹介。ビットコインのほかリップル(XRP)やネム(XEM)など国内最多14種類のアルトコインを取り扱うなど、サービス充実度は目を見張るものがある。

4-2 DMMビットコイン

DMMビットコインは、DMMグループを親会社にもつ取引所です。

DMMグループの一つDMM FXで培ったノウハウを活用しているためセキュリティ面で安心できるほか、DMMビットコインのスマホアプリが使いやすいと評判を集めており、新規でビットコインを保管する方におすすめの取引所といえます。

また、新規口座開設を行った方のトレード口座に1,000円が入金されるキャンペーン(~2024/03/01 06:59)を行っており、無料で手に入れたビットコインを保管する取引所に適しています。

DMMビットコインとは|主な特徴と注目ポイントを解説
仮想通貨取引所DMMビットコインの特徴を初心者向けに解説。豊富な取り扱い銘柄や独自のBitMatch注文、気になるセキュリティなどの情報を網羅しています。

5.まとめ

仮想通貨取引の流行により高額となったビットコインを購入することを躊躇している方に向けて、無料でビットコインを手に入れる方法を解説しました。

無料でビットコインを手に入れる方法は以下の5つです。

取引所のキャンペーン
公共料金の支払い
買い物やサービスの利用
ポイントサイトの利用
ゲームをプレイして換金

いずれもほぼリスクなしでビットコインを入手でき、早く始めるほど無料で取得できるビットコインの獲得量が増加するため、早めに始めるとよいでしょう。

しかし、無料でビットコインを獲得するためには以下の2点に注意する必要があります。

1ビットコインを保管する口座が必要
2貰ったビットコインの売却時にも税金が発生

ビットコインは、暗号化されたデータではありますが資産として扱われているため、適切な場所で保管する必要があり、場合によっては納税の義務が発生するため注意しましょう。

ビットコインの保管に適した取引所は下記2つがおすすめです。

上記の取引所は、サービスキャンペーンが充実しており、セキュリティー水準も高いため安心です。口座を開設する際は上記3つの口座を開設することがおすすめです。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/13 土曜日
12:00
アニモカブランズジャパン、今夏NFTローンチパッド立ち上げへ
アニモカブランズジャパンは2024年夏にNFTローンチパッドを提供開始すると発表した。クリエイターやプロジェクトをNFT販売で多角的に支援する。
11:00
複数の米銀行や金融企業、ビットコインETFに投資
この新たな傾向は、仮想通貨ビットコインに対する機関投資家の関心の高まりを示唆するもので、仮想通貨資産の受容と評価に今後大きな影響を与える可能性があるとみられる。
10:00
モジュラー型ブロックチェーンAvail、エアドロップ計画が浮上
Availがエアドロップを行う計画が浮上している。メインネットのローンチ時に様々なL2ロールアップのユーザーなどが対象となる可能性がある。
08:20
イスラエル情勢懸念で株・仮想通貨から米国債やドルに逃避
NYダウやナスダック、仮想通貨ビットコインは、イスラエルがイランからの直接攻撃に警戒との報道を受け大幅安。また、今週発表の強いCPIデータが6月利下げの可能性を後退させ、タックスシーズンに近づいていることもあり、リスクオフの動きが加速した格好だ。
07:05
「仮想通貨取引の申告分離課税検討すべき」自民党web3PT
仮想通貨取引を申告分離課税の対象にすることを検討すべきなどの提言を盛り込んだホワイトペーパーを自民党web3PTが公開。DAOやNFTなど、ほかにも様々な提言を行なっている。
06:35
香港のビットコイン現物ETF、中国から巨額資金流入の見込み
Matrixportの分析によると、香港の仮想通貨ETFは中国本土の投資家から年間最大250億ドルの需要を引き出せる。
06:10
EVM互換L1「Berachain」、シリーズBで153億円調達
ユーザーはBerachainの「プルーフオブ・リクイディティ」のもとで、ネイティブSwap機能からガストークンBERAを取得し流動性を提供することで、ステーブルコインHONEYをミントしたり、ガバナンストークンBGTを獲得したりすることができる。
04/12 金曜日
15:34
GMOコイン 取引所(レバレッジ)でソラナやドージコインなど追加
取引所(レバレッジ取引)でソラナなど6銘柄追加 暗号資産交換業を展開するGMOコイン株式会社は、2024年4月13日(土)から「取引所(レバレッジ取引)」で6つの新銘柄の取り扱…
15:21
チェーンリンク、高度なセキュリティを提供するブリッジアプリ「Transporter」を発表
分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は、「クロスチェーン相互運用性プロトコル(CCIP)」上に構築された、安全性の高いブリッジアプリ「Transporter」のリリースを発表した。Transporterは複数のネットワーク間で、安全な仮想通貨やデータの移動を可能にする。
14:39
米下院議員らがステーブルコイン法案の進展に向けて会合か
米国下院金融サービス委員会の議員たちがステーブルコイン法案の進行について話し合った。超党派の解決策としての法案推進の可能性を探る。法案が可決すれば、規制の明確化による企業・機関の採用増加、マネーロンダリング対策など適切なリスク管理の環境整備が期待される。
14:32
CoinbaseがFinCEN法執行賞を受賞、AML対策と犯罪捜査への貢献
米国の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbaseが犯罪捜査において顕著な貢献を果たし、FinCENからDirector's Law Enforcement Awardを受賞した。CoinbaseがAML対策を強化し、過去の課題をどのように克服したかについて解説します。
12:40
ビットコイン決済月10万件 メルカリが200万口座突破
メルカリの子会社メルコインが開始した仮想通貨ビットコイン決済サービスが、全ユーザーに開放されてから1ヶ月で10万回の使用を達成。この新機能により、メルカリアプリを通じて即座にビットコインの購入・売買が可能になり、多くの初心者が簡単に暗号資産取引を体験している。
11:51
高止まりで推移するビットコイン、UNI暴落の背景は?
マクロ経済と金融市場 11日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比2.4ドル、ナスダック指数は271.8ポイント(1.68%)高で取引を終えた。ハイテク株が買われ反発した。 …
11:35
イーサリアムの現物ETF承認確率50%以下 JPモルガン分析
JPモルガンのアナリストは、仮想通貨イーサリアムの現物ETFが5月までに承認される確率は50%以下だと意見している。訴訟になる可能性にも言及した。
10:10
バイナンスラボ、ビットコイン再ステーキングの「BounceBit」に出資
BounceBitのネットワークは、仮想通貨ビットコインと独自のBounceBitトークン両方をステーキングできるよう設計された、PoSレイヤー1エコシステムだ。完全なEVM互換性を備えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧