CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ウォレット「メタマスク」の使い方、送金、セキュリティ対策を徹底解説 インストールから送金方法まで

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

セルフカストディに対する関心急増

2024年にDeFi(分散型金融)プロジェクトのエアドロップ目的としたポイント獲得活動、そうした新規発行トークンやミームコインが売買されるDEX(分散型取引所)市場の拡大などにより、自己管理型ウォレットへの関心が急増しています。

Ledgerに代表されるハードウェアウォレットはセキュリティの高さが特徴ですが、使い方が複雑であったり端末購入にコストがかかることから、特に初心者は、その安全性を理解していたとしても敬遠してしまいがちです。そこで便利になってくるのが、いわゆるホットウォレットです。

ホットウォレットは、ハードウェアウォレットより安全性は劣りますが、自身で秘密鍵を管理するセルフカストディ(自己管理型)のウォレットであり、アプリや拡張機能をインストールするだけで利用可能です。

暗号資産(仮想通貨)投資や、Web3ゲームなどの利用を検討するユーザーにとっては、身近な選択肢です。中でも、最も広く認知されているのが、「MetaMask(メタマスク)」ウォレットです。

本記事では、MetaMaskの始め方、使い方について、詳細に説明していきます。

目次

MetaMaskとは

MetaMaskとは、イーサリアムを含む複数のブロックチェーンに対応している暗号資産用ウォレットです。トークンの保管、送付および交換が可能です。dAppsへのログインにも利用されています。

上述のようにMetaMaskはホットウォレット(デバイスを介してインターネットに接続しているウォレット)であり、Chromeなどに拡張機能としてインストールできるブラウザ版、およびアプリとしてダウンロード可能なモバイル版の2種類が利用可能です。

執筆時点では、イーサリアムに加え、アバランチやBNBチェーンなどのEVM対応チェーンや、アービトラムやOPメインネットなどのL2ネットワークをサポートしています。「Snap」と呼ばれる拡張機能も出ていますが、ネイティブにはビットコインやソラナには対応していません。

MetaMaskERC-20規格のトークン(はUSDCやBATなど)やERC-721規格のNFT(非代替性)、そしてイーサリアム(ETH)など、さまざまなデジタル資産を保管できます。

MetaMaskの始め方

MetaMaskを利用するにあたって、まずは、公式サイトから、ブラウザ拡張機能をインストールします。スマホアプリのインストールも、MetaMask公式ページからアクセスすると安全です。

※公式以外からダウンロードを行わないよう、アップストアでダウンロード数をチェックする等、十分に確認をお願いします。

ブラウザ版

以下ではChromeにおけるインストール方法を説明します。他のブラウザにおいても基本的には同じ方法でインストールできます。

1. 「Install MetaMask for Chrome」をクリックしChromeウェブストアを開く。Chrome以外(Firefox、Brave、EdgeまたはOpera)を利用の場合は、画面をスクロールし、下にある自身が使っているブラウザのアイコンをクリック。

2. 右上の「Chromeに追加」をクリック。

3. ポップアップが開いたら「Add extention」をクリックし、インストールを完了させる。インストールが正常に行われた場合、バーの右上の拡張機能アイコンのところにアプリが追加される。

モバイル版

公式サイトから、 iOSの場合はApp Storeを、Androidの場合はGoogle Play Storeへと遷移。他のアプリのダウンロードと同じ手順でダウンロードを完了させる。

初期設定・ウォレット開設方法

インストールが完了すると以下の画面に自動的に移行するので、「開始」をクリックし、利用規約に同意して初期設定を開始します。初期設定は、以下の手順で実行できます。

1. 新規ウォレット作成:右側の「ウォレットを作成」を選択し、新規ウォレットを作成。

2. パスワード作成:パスワード作成画面でパスワードを入力し「作成」をクリック。このパスワードは、MetaMaskにログインする際に必ず必要となるので忘れないようにしておく。

3. 【重要】リカバリーフレーズのメモ:鍵マークをクリックし、12個のリカバリーフレーズを表示。安全な場所にメモしておく。メモが完了したら「Next」をクリックし、次のページへ。

4. ③でメモしたリカバリーフレーズを同じ順番で空欄に入力。完了したら「確認」。リカバリーフレーズは、失くさないよう安全な場所に保管しておく。

5. 正しく入力できていると下の画像のような画面になり、設定完了。「すべて完了」をクリックするとウォレット管理画面へ転送される。

リカバリーフレーズ(またはシードフレーズ)とは、ウォレットを作成する際に各ウォレットが生成する、一般的に12から24個のランダムに選ばれた単語の列です。このシークレットリカバリーフレーズは暗号技術に基づいており、派生するアカウントセットは常に一貫しています。

リカバリーフレーズは、ウォレットを入れている端末を紛失したり、故障した際にウォレットを復元するための重要な「アカウントに固有の単語集」です。これを紙などのオフライン環境で安全な場所に保管し、決して他人に教えないでください。

ウォレットの管理権はリカバリーフレーズを保持している人にあります。リカバリーフレーズを紛失すると、ウォレット及びその中の資産にアクセスできなくなるため、十分な注意が必要です。

ウォレットの管理画面の解説

MetaMaskのUI(ユーザーインターフェース)は比較的シンプルですが、独特なので大まかな機能を解説します。

1. アカウント名:デフォルトではアカウント名は「Account 1」です。右上のメニューバー→「アカウントの詳細」で変更可能。

2. パブリックアドレス:秘密鍵と違い他人に見えても問題ないアドレス。他アドレスからの送金などの際には、このアドレスに送ってもらう(下記参照)。銀行の口座番号のようなもの。クリックでコピー可能。

3. ネットワーク:現在接続されているネットワーク。ここをクリックすることによりネットワークを変更できる。

4. 保有額:現在保有している暗号資産とその額。

5. 購入・送金・交換:購入、送金および交換をMetaMaskを介して実行できる。

6. 資産一覧:自身のウォレットに入っている資産の種類およびその額がここに一覧で表示される。

7. ネットワークアクティビティ:ウォレットの使用履歴を全て見ることができる。

各種利用方法

送金

1. 「送金」をクリック。

2. 送金先のアドレス、送金したい通貨および送金額を入力し「次へ」をクリック。自己管理型ウォレットであるため間違えたアドレスや金額を入力した場合であっても、返金等のサービスはないため、入力内容に間違いがないか十分に確認する。

3. ガス代を確認。

4. 問題なければ「確認」をクリックし、送金を完了させる。

Metamaskから取引所「SBIVCトレード」への送金方法

1、入庫アドレス取得(SBIVCトレード側)

Metamask Walletから取引所「SBIVCトレード」へイーサリアム(ETH)を送金することを想定します。

スマートフォンの場合

①公式アプリを開き「資産 / 入出金」から入金するトークンを選択

②「ETHを受け取る」を選択(今回の例ではETH)

③表示される入金用のETHアドレスをコピー

出典:SBI VCトレード

PCの場合

①トレーダーモードを開き、「暗号資産入庫」から「ETH」を選択

出典:SBI VCトレード

②「発行」をクリックし、表示された入庫用のETHアドレスコピー

※「発行」ボタンは初回のみ表示されます。

出典:SBI VCトレード

2、出庫処理をする(Metamask側)

①「送金」を選択

出典:Metamask

②SBIVCトレードからコピーしたアドレスを貼り付け、転送するトークンの量を入力して「次へ」をクリック

※自己管理型ウォレットであるため間違えたアドレスや金額を入力した場合であっても、返金等のサービスはないため、入力内容に間違いがないか十分に確認します。

出典:Metamask

③ガス代を確認して、問題なければ「確認」をクリックし、送金を完了させます。

出典:Metamask

預入

自分のアドレスにトークンを送付してもらう時は、相手に自身のパブリックアドレスを知らせる必要があります。このアドレスは資産管理ページの上部に記載されており、クリックすることでコピー可能です。

暗号資産投資を始めるならSBI VCトレードがおすすめ

金融大手SBIグループでは、イーサリアムやソラナなどの暗号資産の出庫手数料が無料。ステーキングサービスの取り扱い銘柄が国内最多級。暗号資産投資を始めるなら、まずはSBI VCトレードをチェック。

取引所「SBIVCトレード」からMetamaskへの預入方法

1、入庫アドレス取得(Metamask側)

出典:Metamask

2、出庫処理をする(SBIVCトレード側)

取引所「SBIVCトレード」からMetamask Walletへイーサリアム(ETH)を出庫する方法をご案内します。

スマートフォンの場合

①公式アプリを開き、「資産 / 入出金」から「ETHを送る」を選択

②「アドレスを登録する」をタップし、MetamaskでコピーしたETHの送信先を登録

登録が完了すると、「送信先アドレス一覧」に登録したアドレスが表示されるようになります。

出典:SBI VCトレード

③登録したアドレスをタップし、数量を入力

出典:SBI VCトレード

④「イーサリアムを送る」をタップすると、登録したメールアドレス宛に以下のような確認メールが届くため、メールに記載されているリンクをタップ

出典:SBI VCトレード

⑤タップした後に「出庫予約の受付が完了致しました。」と書かれた画面が表示されれば、出庫予約が完了となります。

出庫状況は「送信先アドレス一覧」の「送金状況を確認する」で確認できます。

出典:SBI VCトレード

PCの場合

①トレーダーモードを開き、「出庫アドレス登録」から「新規登録」を選択

出典:SBI VCトレード

②必要な項目を入力し、「確認」をクリック

アドレスにはMetamaskでコピーしたアドレスを入力(ペースト)する。

出典:SBI VCトレード

③第2認証コード(Google Authenticatorの番号)を入力し、「実行」をクリックし、出庫アドレスの新規登録を完了

出典:SBI VCトレード

④「暗号資産出庫」から銘柄と数量、出庫先を指定

出典:SBI VCトレード

⑤チェックボックスにチェックを入れ、第2認証コード(Google Authenticatorの番号)を入力、「確認メール送信」をクリック

出典:SBI VCトレード

⑥登録したメールアドレス宛に以下のような確認メールが届くため、メールに記載されているリンクをクリックし、出庫予約完了を確認する

出典:SBI VCトレード

交換(スワップ)

MetaMaskでは、トークンの交換も可能です。

1. 「スワップ」をクリック。

2. 交換したい通貨およびその額、ならびに交換先の通貨を選択。

3. 必要であれば「詳細オプション」をクリックし、スリッページやスマートトランザクションを設定。「スワップの確認」をクリック。

4. レートおよびガス代を確認。

5. 問題なければ「スワップ」をクリックし、交換を完了させる。

暗号資産投資を始めるならSBI VCトレードがおすすめ

金融大手SBIグループでは、イーサリアムやソラナなどの暗号資産の出庫手数料が無料。ステーキングサービスの取り扱い銘柄が国内最多級。暗号資産投資を始めるなら、まずはSBI VCトレードをチェック。

ネットワーク変更

MetaMaskでは多数のネットワークがサポートされていますが、右上のネットワーク名をクリックするとネットワークを変更できます。任意のネットワークが表示されていない場合は、「ネットワークを追加」より手動で追加可能です。

トークン追加

MetaMaskでは、初期設定の段階ではETHしか通貨の表示がありません。他の通貨を表示したい場合には、資産管理ページ下部の「トークンをインポート」をクリックします。著名トークンであればトークン名称やティッカーを入力するだけで追加できますが、マイナーなトークンはトークンアドレスを入力して検索します。

追加されたトークンは、トップ画面の「アセット」に表示されます。

リカバリーフレーズの確認

上述のようにリカバリーフレーズを失くしてしまうとウォレットにアクセスできなくなってしまいますが、仮にメモを取った紙等を失くしてしまったとしても、まだMetaMaskを介してウォレットにアクセスできる状態であれば、リカバリーフレーズを再度確認することができます。

1. 右上のアイコンをクリックし、「設定」を選択。

2. 「セキュリティとプライバシー」を選択。

3. 「シークレットリカバリーフレーズを公開」を選択。

4. パスワードを入力し、リカバリーフレーズを確認。

5. アプリにも記載してあるように、これらのフレーズを使用することでアカウントにアクセスできるようになるため、絶対に誰にも教えないでください。

秘密鍵の確認

秘密鍵とは、リカバリーフレーズから生成される文字の羅列であり、通信の暗号化に利用されます。MetaMaskアカウント一つにつきリカバリーフレーズが一つ存在しているのに対し、秘密鍵はMetaMaskアカウント内にあるウォレットの数だけ存在しており、一つのリカバリーフレーズ群から複数の秘密鍵を作ることができます。

秘密鍵が漏洩するとブロックチェーン上の署名が偽造されたりするリスクがあるため、リカバリーフレーズと同様に、絶対に他人に公開してはいけません。

1. 右上のメニューバーから「アカウントの詳細」を選択。

2. 「秘密鍵のエクスポート」をクリック。

3. パスワードを入力し、秘密鍵を確認。

復元

アプリをアンインストールした際や別のデバイスでウォレットにアクセスしたい場合には、ウォレットの復元が必要です。ウォレットの復元方法は二種類あります。

新たにMetaMaskをインストールする場合

新たにMetaMaskをインストールし、個々のウォレットではなくMetaMaskごと復元したい場合は初期設定画面から、リカバリーフレーズを利用してウォレットを復元します。

1. 上述の「MetaMaskの始め方」での手順と同様に、アプリをダウンロード。

2. 初期設定画面から「ウォレットをインポート」をクリック。

3. リカバリーフレーズを入力し、復元を完了させる

既存のMetaMaskに他のウォレットを追加する場合

既にMetaMaskでウォレットを利用しているけれども、そこに既存ウォレットを新たに追加したい場合は、秘密鍵を利用します。

1. 右上のアイコンをクリックし、「アカウントをインポート」を選択。

2. 秘密鍵を貼り付け、インポートを完了。

セキュリティ対策の心得

MetaMaskを利用する際のセキュリティに関する注意点とその対処方法については、こちらの記事で詳しく説明しています。特に、dAppsの権限について理解することが重要です。ウォレットの接続やコントラクトの承認・署名に関するリスクと対策についても取り上げています。

また、コントラクトと対話する際のチェックリストや、接続を切断する方法、承認を取り消す方法、署名のパラメータ調整方法についても解説しています。さらに、代表的な詐欺の手口についても触れており、安心して利用するための知識を提供しています。

関連:Web3ウォレットMetamask(メタマスク) 利用上の注意点を解説

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア