CoinPostで今最も読まれています

メイカーダオ(MKR)、米国債に約1,800億円の追加投資を検討

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米国債に12.8億ドルの追加投資策

分散型金融(DeFi)の主要プレーヤーである「MakerDAO」は1日に、米国債への投資として新たに1,780億円(12.8億ドル)の配分を目指す提案書の投票を開始したと発表した。

Makerプロトコルはステーブルコイン「DAI」の発行と管理を行い、レンディングプラットフォームとしても機能する。MakerDAOはこのプロトコルの運営方針を、ガバナンストークン「MKR」の所有者の投票によって決定する分散型自律組織(DAO)である。

MakerDAOは2022年10月から、DAI準備金の約半分(当時5,800億円相当)を占めるステーブルコイン「USDCoin(USDC)」の運用戦略を開始した。これはDAIを支える流動資産を分散させ、現在の利回り環境を利用して、より柔軟で流動性の高い手法でMakerの資産に更なる収益をもたらす目的である。

Bloombergのデータによれば、現時点での米国短期国債3か月物の利回りは5.28%と、2022年12月1日時点の4.12%から上昇している。この上昇はインフレ率の上昇や、米国の金融引き締め政策が影響していると考えられる。

当初の戦略では、米国短期国債(80%)と社債(20%)に725億円(5億DAI)を投資した。そして2023年3月には、1,000億円(7億5000万ドル)の追加投資を行った。

新提案では、追加の12.8億DAIが0~6ヶ月間の各種満期を持つ米国短期国債の購入に充てられる予定である。米国の仮想通貨取引所であるコインベースと、米仮想通貨銀行Galaxy Digital Trading Caymanが、ステーブルコインと米ドルの交換を担当する。

この提案が承認されれば、Celadon Financial Groupがブローカーを務め、米資産運用大手ウェドブッシュ・セキュリティーズが、TACO名義の分離口座で米国債を保管する。TACOは2022年にケイマン諸島で設立された有限責任保証財団法人で、Makerの米国債購入戦略を支えるための組織である。

米国債投資からの利益は四半期ごとにMakerDAOプロトコルへ分配される予定となっている。また、DAOの判断により、取引当事者が全資産の売却や収益のMakerDAOプロトコルへの返還を指示することが可能である。

関連:MakerDAO、725億円を米国債等に投資

リスクと対策

この戦略は「プロジェクトアンドロメダ」と呼ばれ、BlockTower Capital Advisors LPがアレンジャーとして関与している。BlockTowerは、TACOアカウントの資産価値に対して15ベーシスポイントの手数料を受け取る。そして、TACOが提供するガイドラインや指示に従い、TACO口座の資産を監督・管理する。

BlockTower Capitalは米国証券取引委員会に登録された投資顧問で、TACOとの契約形態は「SMA(Separately Managed Account)」という形を取り、クライアントのアカウントを個別に管理し、その投資戦略に基づいて運用する。SMAに基づく契約により、Blocktowerは2年間で最低合計180万ドルの手数料を保証されている。

MakerDAOの新たな戦略は、DeFiを支える基盤としての信頼性を強化する一方で、新たなリスク要因も生む可能性がある。プロジェクトアンドロメダに関するリスクには、規制リスク、集中リスク、取引所プラットフォームリスク、米国債に特有のリスクがある。

規制リスクについて、米国の連邦、州、地方、および国際的な司法管轄区によって大きく異なる状況だ。TACOがこれらの法律、規則、規制を遵守していないとみなされた場合、罰金や他の規制的な制約に直面する可能性がある。

BlockTowerは、米国の暗号通貨規制環境が不確定であることを考慮し、最大250万ドルの保証金を得るための規定を設けている。これは、規制当局からの罰金や、規制遵守のための追加手続きなどの負担をカバーするものとなる。

関連:メイカーダオ(MKR)米国債投資で収益改善、追加投資も検討へ

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/25 火曜日
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。
06:40
DEX Screener、ソラナ基盤ミームコイン市場をローンチ
主要な仮想通貨銘柄の情報を検索するプラットフォームDEX Screenerはソラナ基盤ミームコイン市場「ムーンショット(Moonshot)」をローンチした。
06:10
トランプ氏、7月のビットコインカンファレンスへの登壇で交渉中
トランプ元大統領は、仮想通貨ビットコインの年次カンファレンスである「ビットコイン 2024」に登壇しスピーチを行うために、交渉しているようだ。
05:45
東証上場メタプラネット、約10億円でビットコイン追加購入へ
国内上場のメタプラネットは24日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを10億円相当で追加購入するための社債発行予定を発表した。
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア