CoinPostで今最も読まれています

能登半島地震、仮想通貨プロジェクトによる緊急救援・寄付活動が進行中

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨による寄付活動

令和6年1月1日に発生した能登半島地震は、震度7、マグニチュード7.6の強い揺れを引き起こし、津波や土砂災害、火災も発生、被災地では大きな被害が出ている。

この事態に対応し、パブリックチェーンの透明性を活かした暗号資産(仮想通貨)による寄付活動が開設されている。公開されたオンチェーンデータを通じて寄付金額が確認でき、4日時点で各プロジェクトにはそれぞれ数十~数百万円相当の寄付が集まっている状況だ。

暗号資産を活用した支援活動は、被災地に迅速な援助を提供する手段となっている。この取り組みの一例が、株式会社HashPaletteが開発した「PaletteChain」による共同キャンペーン『#web3prayforjapan』だ。HashPaletteは、一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)正会員であるHashPortグループの連結子会社である。

このキャンペーンでは、Palette、TRON、Cardano、Polygon、Neo、Qtum、Mask Network、IOSTなどのブロックチェーンプロジェクトが参加し、各プロジェクトが自社のネイティブトークンを用いた寄付窓口を設置している。

このキャンペーンで集まった暗号資産は、ガス代や税金を除いた後、全額を日本円に換算し、赤い羽根共同募金の「令和6年能登半島地震への義援金(仮)」に寄付される。寄付の結果は、HashPaletteの公式ウェブサイトで公開予定だ。寄付期間は1月末までで、2月末には寄付実行と結果公開が行われる。ただし、災害の状況によっては、これらの予定が変更される可能性がある。

チェーン/暗号資産種別ごとの送金先ウォレットアドレスは以下の通り。各資産のホルダーは、公式ページで直接確認のうえ、慎重にコピー&ペーストして使用してほしい。

出典:web3prayforjapan

個別コミュニティも活動

一方、NPO法人NEM技術普及推進会NEMTUSは、2日午前に被災地支援のための緊急募金を開始した。寄付はSymbol(XYM)、NEM(XEM)、日本円で受け付けており、Symbol(XYM)の場合は専用の寄付申告フォームを提出の上、領収書の発行も可能だ。

Astar Networkは、2日正午に暗号資産による災害支援募金ページを開設した。この支援はAstar財団とStartale Labsが主導している。現在、ASTRトークンによる寄付を受け付けている。

また、ブロックチェーンプロジェクト「Oasys」も2日午後に同様の取り組みを始めた。Oasysはバンダイナムコ研究所など大手ゲーム会社やWeb3企業が参加しているプロジェクト。Oasys(OAS)、イーサリアム(ETH)、ポリゴン版イーサリアム(WETH)、ビットコイン(BTC)での寄付が可能だ。

これらのプロジェクトは、ガス代や税金を除き、集まった寄付金を全額、本災害の救援や復旧活動に使用すると述べている。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/25 火曜日
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。
06:40
DEX Screener、ソラナ基盤ミームコイン市場をローンチ
主要な仮想通貨銘柄の情報を検索するプラットフォームDEX Screenerはソラナ基盤ミームコイン市場「ムーンショット(Moonshot)」をローンチした。
06:10
トランプ氏、7月のビットコインカンファレンスへの登壇で交渉中
トランプ元大統領は、仮想通貨ビットコインの年次カンファレンスである「ビットコイン 2024」に登壇しスピーチを行うために、交渉しているようだ。
05:45
東証上場メタプラネット、約10億円でビットコイン追加購入へ
国内上場のメタプラネットは24日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを10億円相当で追加購入するための社債発行予定を発表した。
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア