CoinPostで今最も読まれています

ビットコインETF承認で事実売り、材料出尽くし感も|bitbankアナリスト寄稿 ETF承認で事実売り、材料出尽くし感も|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週1/6(土)〜1/12(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

1/6(土)〜1/12(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円も、乱高下しつつも上昇し、一時は2021年11月ぶりに700万円を回復した。

米証券取引委員会(SEC)による現物ビットコイン上場投資信託(ETF)の承認判断が10日に迫る中、週明けからETFを申請する各社が手数料を公表したことで承認への期待感が膨らみ、BTCは670万円を回復した。

9日には、SECがX(旧ツイッター)で現物ビットコインETFの承認を発表すると、相場は一時700万円に肉薄するも事実売りが入り、一気に40万円ほど急落した。一方、その後SECのゲンスラー委員長が、委員会のXアカウントが何者かに乗っ取られ、ETFの承認はしていないと発表すると、相場は俄かに反発した。

しかし、これによりETFの「承認後は事実売りが入る」との警戒感から翌10日のBTCは上値の重い展開で始まったが、米時間に入るとSECの判断に先駆けてCboeが7件のETFの上場許可を委員会に報告した他、イーサ(ETF)を筆頭にアルトが強含み、BTCは680万円付近まで戻した。

11日未明には、SECが11件の現物ビットコインETFを全て承認し、BTCは一時的に下値を試したが、前日の誤報を受けて売りある程度で尽くしていたからか、その後は690万円近辺まで反発した。

しかし、ETFの承認は既に織り込まれていたことで、その後は買いが続かず、11日の東京時間のBTCは上値を重くした。

一方、ETFの取引初日となった11日には、プレマーケットでIBIT(ブラックロックのETF)が好調との報告を受け、相場は復調。さらに、米市場が始まると、ビットコインETFの合計売買代金が開始数十分で5億ドルを超えたと報じられ、相場は一時710万円をも回復した。

ただ、この日は12月の米消費者物価指数(CPI)の上振れを受けた米株の下落が相場の重石となり、BTCはすかさず上げ幅を解消している。

第1図:BTC対円チャート(1時間足)出所:bitbank.ccより作成

遂に米国で現物ビットコインETFが承認されたが、相場の動きは想定していた以上に冴えない結果となった。

承認後は「事実確定売りによる急落」を想定していたが、前日の誤報でデリバティブ市場のポジションがある程度捌け、警戒感による売りも承認に先んじたことで、実際のETF承認後に大きな動きはなかった格好だ。

ETFの取引初日は祝賀買い的な取引も多かったと指摘され、目先ではETFの活況さが相場の支えともなろうが、その影響は徐々に衰えていくだろう。

他方、今週は米CPIの上振れサプライズがあったが、FF金利先物市場では3月の利下げ開始観測が後退する様子はなく、「インフレの高止まりは一時的」というのが市場のコンセンサスのようだ。

確かに、年末商戦に向けた消費や雇用の増加によって12月の経済指標はそれ以前と比べて強目に出る可能性があり、今週のCPIの結果に悲観する必要はないか。

ただ、12月のCPIの総合指数は3.4%となっており、3月までに米連邦準備理事会(FRB)の目標の2%まで低下するかは依然として不透明だ。また、債券市場はCPIの上振れに売り(金利は上昇)で反応しており、インフレ指標の高止まりはBTC相場にとっては好ましい材料ではない。

今週はETF承認でめでたいムードではあるが、材料出尽くし感も窺える中、BTC相場が高値を更新するにはもう少し材料が必要か。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコインETF承認まで秒読み段階か、目先では下値リスクにも注意

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア