CoinPostで今最も読まれています

L2 Blastチェーン基盤の分散型取引所「DTX」とは トレーダーの優位性を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DTXの強みは

「DTX」は、イーサリアムレイヤー2のBlast(ブラスト)チェーンを用いて構築された分散型取引所(DEX)。

オラクルベースのvAMM Perp(永久先物契約)を提供しており、70以上の暗号資産をサポートし、最大50倍のレバレッジを提供します。さらに、担保の使用やマーケットメイクの柔軟性を提供すると同時に、LP(流動性提供者)の資本効率を最大化します。

DTXは、2024年3月のサービス開始以来、大きな人気を博しています。1,800万ドル(28億円)規模のTotal Value Locked (TVL)と7,000以上のアクティブアカウントからなる活発なコミュニティにより、DTXは広く信頼を得ており、特にリスク許容度の高い“デゲントレーダー(Degen Trader)”需要を集め、その地位を急速に確立しました。

DTX公式サイト:https://dtx.trade/

後述しますが、現在普及するPerp DEX(永久先物を提供する分散型取引所)は現在、中央集権型のCEX大手と比較して限られた取引資産、高いスリッページにつながる流動性不足が挙げられます。

また、複雑なオンチェーン取引とユーザーフレンドリーな機能の欠如による貧弱なユーザーエクスペリエンスなどの課題に直面しています。

DTXで利用されるBlastブロックチェーンは、NFTマーケットプレイス「Blur」の創設者であるPacman氏が立ち上げたL2ネットワークであり、2023年11月にメインネットをローンチしました。

Blastでは、ETHステーキングとRWAプロトコルにより提供される利回りを活用し、その利益は自動的にBlastユーザーに還元されます。利率0%の従来のL2とは異なり、BlastではETHに3.3%、ステーブルコイン(USDB)に10%の高利率を実現しています。

レイヤー2ソリューションとは、トランザクションをメインチェーン外で処理し、その結果のみメインチェーンに戻すことで、取引手数料を低減し、処理速度を向上させる技術のこと。

このBlastチェーンを用いて構築された分散型取引所(DEX)では、オラクルを通じて精度高い市場データに基づいた価格設定を行うことに加え、自動マーケットメーカー(AMM)の課題を解決すべく、AMM基盤の上に構築され、実際の資産の代わりにバーチャル資産を使用して流動性プールを作成するvAMM(仮想自動マーケットメーカー)を利用しています。

従来の板取引(オーダーブック)システムと異なり、スリッページ(注文レートと約定価格の差)を最小限に抑え、注文の確実な実行を保証することにも主眼を置いています。

現状の課題点

永久先物を提供する分散型取引所(DEX)は、バイナンスなどの中央集権型取引所のCEX大手と比較すると、取引可能な暗号資産(仮想通貨)が限られており、流動性不足でスリッページが高くなるリスクやユーザーエクスペリエンスの悪さなどの課題に直面しています。

DTX、5つの優位性

DTXはこれらの課題を克服すべく、次のように取り組んでいます。

1. 革新的なオラクルベースのvAMM

DTXのvAMMシステムは、初心者から経験豊富なトレーダーまで幅広く対応可能。ハイレバレッジ、ゼロスリッページ、注文性能の保証といった高機能性を実現しています。

また、Pyth Networkと組み合わせて使用される高性能な価格フィードサービスを開発。正確な取引価格を取得し、不当な価格操作からコミュニティ保護を実現しています。

2. リスク管理ツール

DTXでは相場の急変に直面した際にも、プラットフォーム内で提供している高度なツールやデータ分析機能が利用できるため、ユーザーがリスクを管理し、戦略的な投資判断を下すのに役立つことでしょう。

3. 活発なコミュニティ連携

コミュニティ連携では、アクティブなフォーラムとソーシャルメディアチャンネルを通じて、他のトレーダーと経験を共有したり、市場動向について議論したりすることができます。これにより、コミュニティ全体の市場理解を深めることに寄与します。

4. 技術進歩へのコミットメント

DTXは、ブロックチェーンとAI(人工知能)を利用した新しい取引アルゴリズムを開発し、市場の効率性を高めるなど、常にテクノロジーの最先端にいることを約束します。

5. 報酬とインセンティブ設計

DTX Fuel(燃料)は、取引と紹介にインセンティブを与える報酬ポイントシステムです。DTX Fuelは将来のエアドロップ配分に影響を与えることを示唆しており、トレーダーにとって魅力的なインセンティブとなっています。

DTXの取引インセンティブの詳細

Blast Native Yield

「ETH/WETH」の通貨ペアまたはUSDBをブラスト上で保有することで報酬を獲得できます。WETHは、イーサリアム(ETH)に価格がペッグされたWrapped ETHのこと。報酬割合は、ETH/WETH:約4%、USDB:約15%です。

Blast Gold

Blast Goldは、BlastがdApps(分散型アプリケーション)開発者に付与する報酬です。

DTXで取引すればするほど、より多くのブラストゴールドを獲得できます。スナップショット(権利確定日時)は毎月24日に行われ、ブラストゴールドの100%をユーザーにエアドロップします。

Blast Points

ブラストポイントAPIと統合することで、DTX Exchangeはユーザーがブラストで資産を保有(DTX Vaultsへの入金)し、オープンポジションの担保を提供することでブラストポイントを獲得できるようにします。DTX Exchangeは2週間ごとにこれらの報酬を分配します。

DTX Fuel

DTXの取引や紹介を通じてリワード報酬を獲得できます。 Fuel(燃料)の保有量が多ければ多いほど、将来のDTXトークンのエアドロップのシェアが大きくなります。紹介者は、取引手数料報酬と取引手数料割引の両方のインセンティブを受け取ることができます。

なお、4月24日より、ブラストゴールド(Blast Gold)報酬の内75%をトレーダーが、25%を流動性プロバイダーが受け取ることが出来るようになりました。

DTX公式サイト:https://dtx.trade/

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア