CoinPostで今最も読まれています

前週末にかけてビットコイン大幅反発、ETFフローに好転の兆し

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

6日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比176.5ドル(0.46%)高、ナスダック指数は192.9ポイント(1.19%)高で取引を終えた。

米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、マラソン・デジタルが前営業日比17.9%高と急騰したほか、マイクロストラテジーが3.7%高の1268ドル、コインベースが1.6%高の226ドルとなった。

マラソン・デジタルは、S&P小型株600指数への組み入れが確認された。指数組み入れされた株式は多くのインデックスファンドやETFによって株式が自動購入されるため、取引量の増加や流動性の向上で注目度が増す可能性が期待される。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

連休明け7日の東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前営業日比404.7円(1.06%)高となった。

米NY市場でのハイテク株高の流れを引き継いだほか、3日発表の米国雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を下回りFRB(米連邦準備制度)の判断に好影響を与え得ることや、外国為替市場における過度な円安・ドル高が、政府の為替介入と思しき一連の動きにより一服したことなどが好感された。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比0.3%安の1BTC=63,659ドルに。

BTC/USD日足

ビットコイン(BTC)は1日、6万ドルのサポートを底割れして2ヶ月ぶり安値となる56,500ドルまで続落するも、米連邦公開市場委員会(FOMC)におけるパウエルFRB議長発言要旨が市場想定よりも融和的であったことや米株指数反発などの後押しもあり、3日にかけて急反発。

抵抗線を上抜け6日時点で1BTC=65,500ドルをマークしたが、50日移動平均線(50SMA)の65,845ドルではリバウンドが一服し、上髭陰線で日足をクローズした。

量的引き締め(QT)ペースの減速が決まり、長期債利回りの抑制・上昇圧力の低下が示唆されたことも株やビットコイン(BTC)などリスク性資産には追い風だろう。

下落要因と今後の展望

大手資産運用会社アライアンス・バーンスタインのアナリストらは、ここ最近の調整局面で「仮想通貨取引所の先物契約の過剰なレバレッジを一掃した」と述べ、前向きな展望を示している。

Kryptanium Capitalの創業者であるDaniel Yan氏は、直近の市況について次のように分析した。

1) 米国における持続的なインフレ(物価高)の高止まりと過熱感のある労働市場の活況がマクロ市場にネガティブインパクトを与え、仮想通貨相場が影響を受けやすい米国債の大量売りにつながった。これに伴い米長期金利は上昇している。

2) BTC ETFのフロー(純流入・流出額)が4月に悪化したことも一因だ。4月下旬には、1月11日のローンチ以来71日間続いたブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)への純流入記録が4月24日に初めて途絶える一方でグレースケールのGBTCからは流出超過が続くなど、フローの悪化を招いた。

関連:ビットコインの反騰失速、ブラックロックのETF(IBIT)への資金流入が初めて途絶える

3)第三の要因は、アルトコインの流動性の低さに加え、5月にかけて大規模なアンロック予定が控えていたことがある。

ビットコインやイーサリアム(ETH)の下落率が直近高値から約15%だったのに対し、主要アルトは直近高値から30~50%の下落率に達した。これは22年11月のFTXショック時以来となる。

一方、良いニュースとしては、米国財務省が市場介入の一環で2002年以来初となる債券買い戻しプログラムを導入したことが挙げられる。毎週1回あたり20億ドルのみだが、今後その規模は拡大する可能性がある。パウエル議長のFOMC声明と月あたり350億ドルの量的緩和縮小はポジティブに働く可能性が高い。

このような背景がある中、ビットコインはわずか数日間で安値の56,700ドルから61,500ドルまで約10%反発した。4月の暗号資産(仮想通貨)相場暴落は大きな教訓を残したが、5月15日に予定されるCPI(米消費者物価指数)発表は相場のターニングポイントであり、5月中の方向性を決定づけるものとなりそうだ。

アルトコインに関しては、それでもアウトパフォーマンスが見られる可能性がある。Daniel Yan氏曰く、ソラナ関連、AI(人工知能)関連、ミームコイン関連はビットコインを上回るパフォーマンスが期待できるという。

7営業日続いて流出超過にあったビットコイン現物ETF(上場投資信託)のフローについては、今月3日にはGBTCが初の流入超過に転じる場面があり、6日にも同様の傾向が見られた。

関連:グレースケールのビットコインETFに約100億円の資金、1月デビュー以来初の純流入 

この両日においては、それぞれ3.8億ドル、1.9億ドルの流入超過に再び転じるなど潮目の変化が見られる。1日には5.6億ドルの流出超過に陥っていた。

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア