CoinPostで今最も読まれています

冴えない動きの続くビットコイン、15日にCPI控え様子見基調

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末10日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比125ドル(0.32%)高の3万9512ドルと8日続伸。ナスダック指数は5.4ポイント安で取引を終えた。ダウの続伸は、雇用統計結果を反映した利下げ期待が背景にある。

一方、ここのところ冴えない暗号資産(仮想通貨)相場を受け、米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、コインベースが4.7%安の200.9ドル、マイクロストラテジーが6.3%安の1187ドルと下落している。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前営業日比47円(0.13%)安となった。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比0.21%高の1BTC=61,041ドルに。

BTC/USD日足

最高値のダブルトップを経て12〜13日にかけて急落して以来、高値・安値ともに切り下げている。

少なくとも1BTC=65,000ドルのレジスタンスライン(上値抵抗線)を奪還して短期トレンドを反転しない限りは、資金抜けの目立つアルト相場でも売り優勢局面が続くことが考えられる。

関連:来週のビットコイン相場はPPIとCPIに注目、ネガティブならチャネル下限試すシナリオも|bitbankアナリスト寄稿

Ali氏は、MVRVバンドを根拠に、サポートラインとして機能する+0.5σの1BTC=64,290ドルを取り戻すことができれば、+1.0σの76,610 ドルに向かって上昇する可能性があるものの、同水準を超えることができなかった場合はMVRV指標の平均値にあたる51,970ドルのサポートを試す可能性があるとの見方を示した。

これは、ビットコインの市場価値(Market Cap)を、ビットコインが最後に動かされた時の価格を基に算出される実現価値(Realized Cap)で割った指標である「MVRV比率」を用いて、市場の過熱または過小評価の度合いを表すバンドを基にしている。

いずれにせよ、14日には米生産者物価指数(PPI)、15日のCPI(米消費者物価指数)の発表を控えており、米国のインフレ動向を示す経済指標次第で株や暗号資産(仮想通貨)相場は上下に大きく揺さぶられる余地を残していることからも、積極的なポジションは取りにくいタイミングと言えるだろう。

アナリストのAlanSantana氏は、弱気予想を示す一人だ。

トレーディングビューに分析を投稿。

ビットコインが2週間連続でEMA10(10週指数移動平均線)を下回って取引されており、蔓延しつつある弱気心理を露呈していると指摘した。

AlanSantana氏は暗号資産(仮想通貨)相場に売り圧力が増してきていることを指摘。今後の見通しについて、「EMA50(46,000ドル)に向けて下落後に反発するも、短期的には高値を切り下げるだろう。」「その後、1BTC=34,000ドル付近でMA200(200週移動平均線)を試すことにもなり得る。」などと悲観シナリオを示した。

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

一方、年初のビットコインETF(上場投資信託)承認後に機関投資家需要は増しており、大手銀行機関はビットコインETFへのエクスポージャーを明らかにした。

ウェルズ・ファーゴは、グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)2,245株(12万ドル相当)の保有を明らかにしたほか、JPモルガンは、米SEC(証券取引委員会)提出書類を通じて、76万ドル相当のビットコインETF(上場投資信託)保有が判明した。

CoinGlassの清算レバレッジ・ヒートマップによれば、先月の調整局面でショートポジションの建玉が増加しており、ビットコイン(BTC)が反発して1BTC=67,000ドルや71,000ドル水準を上回った場合は、踏み上げのショートスクイーズを引き起こす可能性が高いとみられる。

アルトコイン相場

アルトコイン市場では先日までの高騰の反動もあり、売り優勢局面が続いている。

Daniel Yan氏は、13日時点で1ETH=2876ドルで推移する時価総額2位のイーサリアム(ETH)について、「ファンダメンタルおよびテクニカル分析の両方の観点から期待外れの状況が続いている」と指摘。

2950ドルを下回る状況が続けば下回れば、2500〜2600ドル台まで暴落する恐れもあると警鐘を鳴らした。

10x リサーチが6日に掲載した市況レポートでは、重要ラインを1ETH=3100ドルと位置付け、下降チャネルに沿って高値を切り下げていると言及した。

依然としてビットコイン(BTC)と高い相関関係にある中、「イーサリアムの弱いファンダメンタルズは、仮想通貨エコシステムへの広範な法定通貨(米ドルなど)の流入を妨げている」などと指摘した。

投資家心理悪化の背景の一つには、イーサリアム現物ETFの上場承認期待の後退がある。ロイター通信が4月26日に報じたところによれば、ETF発行者とSECとの協議は本質的に進んでおらず、ETFアナリストらは、5月末までに最終判断期日を迎えるイーサリアム現物ETFの承認確率予想を大幅に引き下げている。

暗号資産(仮想通貨)に関するSECの曖昧な規制基準は問題視されており、これを打破すべく、Consensysはイーサリアムの証券性の有無を明確にするためSECを相手取って訴訟を起こした。

関連:米SEC、イーサリアム現物ETF申請を非承認する可能性高まる

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア