CoinPostで今最も読まれています

短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

16日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比38.6ドル安、ナスダック指数は44ポイント安で取引を終えた。

米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、コインベースが前日比9.4%安と大幅安となり、節目の200ドル水準を割り込んだ。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前日比138.1円(0.36%)安の3万8782円となった。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比0.9%安の1BTC=65,395ドルに。

BTC/USD日足

日本時間15日夜のCPI(米消費者物価指数)発表で市場予想を下回ったことでビットコインが急騰。Rektcapital氏も指摘するように、これまで売り優勢で推移していた下降チャネルのブレイクアウトに成功した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)やCPI発表通過で一定の時間的猶予が認められる中、65,000ドルの50日移動平均線(SMA)、および64,400ドルのサポートライン(下値支持線)が機能すれば一段高も見込めるか。そうなれば過去最高値も視野に入る。

その一方、ブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)などのビットコイン現物ETFへの資金流入が過去数週間にわたって陰りを見せる中、上値追いで買い方が追従するかどうかは不透明だ。サポートラインを割り込めば、再び60,000ドル水準のリテストが想定される。

時間の経過とともに、年内の利下げや大統領選に焦点が移ることになるだろう。新しい資産クラスである暗号資産に一貫して批判的な民主党のバイデン政権が交代した場合、バイデン政権下で任命されたゲンスラーSEC委員長の規制アプローチや任期そのものに影響を及ぼすと見る向きもある。

現時点ではSECの規制や訴訟方針に対する不確実性が、機関投資家にとって大きなリスクとなっていることは否めない。

FTXの現金弁済の影響は

K33 Research の最新レポートでは、 K33リサーチのアナリストらは、2022年11月に破綻した大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXについて、「すべての債権者への弁済が必ずしも相場に弱気な影響を与えるわけではない」との見方を示した。

FTXの債権者について現金での債務弁済が予定される中、現金を受領した債権者による買い圧力が暗号資産払いを受ける債権者からの売り圧力を相殺する可能性があるとの見方を示した。

FTXによる現金返済は14.5億ドル規模に及ぶ一方、Geminiは2024年6月初めに17億ドルの返済を、Mt. Goxは2024年10月までに89億ドルの返済を予定しているが、こちらは暗号資産(仮想通貨)の現物弁済のため、市場で新たな売り圧力が発生し得る。

現金弁済分は潜在的な買い圧力となり、差し引きの現金余剰(3.9億ドル)が見込めるという。

ただし、FTXの返済スケジュールは裁判所で審査中であり、ほとんどの債権者は今年後半に支払いが行われると予想している。市場への影響は返済のタイミングに大きく依存するため、返済が行われる時期が非常に重要となりそうだ。

米SEC(証券取引委員会)が暗号資産(仮想通貨)業界への攻勢を再び強めていることも、投資家心理に影を落としている。

米上場企業ロビンフッドは4日、証券法違反を前提に、法的措置を講じる予定であることを正式に伝える「ウェルズ通知(Wells Notice)」を発行した。

米国大統領選挙の行方や規制上の不確実性が続く中、機関投資家によるエクスポージャーは慎重にならざるを得ないものとみられる。

好材料としては、米資産運用大手Vanguardの新CEOにブラックロックでビットコイン現物ETFの立ち上げに携わったサリム・ラムジ氏が就任したことが挙げられる。これに伴い、これまで暗号資産(仮想通貨)領域に消極的だったVanguardの姿勢に変化が訪れる可能性がある。

有識者らはこの点について、直ちにビットコインETF(上場投資信託)のローンチに向かう可能性は低いものの、顧客に対するビットコインETFの購入を許可する可能性はあるとしている。

Vanguardの資産運用規模(AUM)は、2024年1月時点で最大手資産運用会社ブラックロックに次ぐ8.7兆ドルに達しているとされる。

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

アルトコイン相場

CoinGeckoデータによれば、16日のビットコイン(BTC)反騰局面でミームコインの時価総額が前日比10%増の581億3,000万ドルに達した。

前週比ではPEPEが一時24.0%高、FLOKIが19.3%高、SHIBが8.7%高を記録している。

一方、投資会社コンパウンドのマネージングパートナーであるマイケル・デンプシー氏のツイートに応える形で、a16z CTOのエディ・ラザリン氏がミームコインに言及。「業界の採用、規制、そして開発者の行動にネガティブな影響を与えている」と主張した。

これに先駆け、マイケル・デンプシー氏は、「ミームコインの台頭が多くの仮想通貨開発者を遠ざけている」と懸念を表明している。

さらに、「ベンチャーキャピタリストがミームコインを支持しながらも、仮想通貨の長期的な目標を掲げる姿勢に矛盾を感じる」「R&D(ベンチャー/創設者)をサポートするはずのエコシステムが、ミームコインによって消費されかねない」などと指摘し、議論は波紋を呼んでいる。

ミームコインに肯定的な意見としては、技術的な浅さやリスクを認めつつも、暗号資産(仮想通貨)市場におけるユーザーエンゲージメントの促進やコミュニティの活性化に役立つ、といった声も寄せられた。

ミームコインのトレンド、2024年の注目銘柄から投資リスクまで

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア