CoinPostで今最も読まれています

米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアム現物ETFをめぐる分析

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは15日、イーサリアム(ETH)の今後を予測するレポートを発表した。イーサリアムの現物ETF(上場投資信託)が承認される時期についても分析している。

コインベースのアナリストは、米証券取引委員会(SEC)がETF発行企業とやり取りを行っていないことを考えると、すぐに承認されるかどうかについては不確実性があると述べた。

ただ、依然として、問題は「イーサリアム現物ETFが承認されるか」というものではなく「いつ承認されるか」というものになるとしている。承認時期は見通せないものの、承認は時間の問題だという見解を示した格好だ。

また、すでに現物ETFが承認されたビットコイン(BTC)とイーサリアムの違いについて、ETF承認に特に関係するのは、イーサリアムのプルーフオブステーク(PoS)メカニズムだと指摘した。

ステーキングの取り扱いに関する明確な規制ガイドラインがまだ存在しないため、ステーキングを可能にするイーサリアム現物ETFがすぐに承認される可能性は低いと予測している。

しかし、ステーキングされていない分のイーサリアムについては、その要素を考慮するべきではないと述べた。実際、この両者の違いについて明確な法的定義は存在しない。

イーサリアム現物ETFを申請中の米ARK Investと21Sharesは先日、それらのETFからステーキングという要素を取り除いたところだ。SECがETFを承認する確率を高めるための動きとみられる。

関連: 米アーク、イーサリアム現物ETFの申請からステーキング要素取り除く

ステーキングとは

特定の仮想通貨を保有することで、その通貨のブロックチェーンネットワークを管理することに貢献し、対価として報酬を得る仕組み。厳密には、仮想通貨を保有するだけでなく、ネットワーク上に預け入れておく必要がある。銀行口座に法定通貨を貯金し、一定期間後に利子を受け取る仕組みに類似しているといえる。なお、ステーキングは、PoS(Proof of Stake)のコンセンサスアルゴリズムを採用している通貨で行うことができる。

▶️仮想通貨用語集

コインベースのアナリストは、もし5月23日に承認期限を迎えるETFが却下されたとしても、訴訟によってその決定が覆される可能性も高いと述べた。5月中にイーサリアム現物ETFが承認される確率は30~40%だと予想している。

また、大統領選挙で仮想通貨が争点として浮上し始めているものの、SECがそれを考慮するかどうかは定かでないとした。

現在、ドナルド・トランプ前大統領が仮想通貨擁護の姿勢を打ち出し始めており、仮想通貨コミュニティからは、SECの不明確な仮想通貨規制はバイデン氏が落選する要因の一つになり得るとの指摘も上がっている。

関連: ユニスワップ創設者ら、SECの仮想通貨規制はバイデンの大統領選に悪影響と指摘

「イーサリアムには2024年後半に上昇余地」

コインベースは、イーサリアムがしばらく年初来のパフォーマンスを下回ったとしても、2024年下半期には予想外の上昇をする余地があるとの見解を述べた。

背景としては、トークンのロック解除やマイナーによる売り圧力などがイーサリアムにはなく、ステーキングやレイヤー2(L2)の成長はイーサリアムの流動性を抑制すると意見している。

また、ソラナ(SOL)などの台頭に関わらず、EVM(イーサリアム仮想マシン)やL2が広範に採用されていることを考慮すると、分散型金融(DeFi)の中心であるというイーサリアムの地位が覆される可能性は未だ低いとも続けた。

関連: 2024年注目の仮想通貨10選 各セクターの主要銘柄と関心を集める理由を解説

関連: イーサリアムの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、おすすめ取引所選び

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア