CoinPostで今最も読まれています

米大統領選の思惑か計画通りか──SECのイーサリアム現物ETF審査を分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアム現物ETF審査

米証券取引委員会(SEC)は、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFを巡り、審査の方針を180度転換させた可能性があるとの見方が上がっている。

情報筋からの話がベースになっていることもあり正確なことは不明確だが、今年の大統領選に向けて、イーサリアムの現物ETFの審査に政治的な思惑が絡んでいる可能性があるという。一方で、今回の動きはSECの予定通りだという指摘も上がった。

SECとは

「Securities and Exchange Commission」の略。株や債券など証券の取引を監督する米政府機関のこと。SECのミッションは「投資家を保護すること」「公正で秩序のある効率的な市場を維持すること」「資本形成を促進すること」である。

▶️仮想通貨用語集

今回の動きは、まずSECの取引市場局が20日に、ETFを上場する取引所に対し、19b-4という申請書類を承認する意向であることを伝えた。同様の内容は「The Block」らの海外メディアが報じている。

関連米SEC、イーサリアム現物ETF申請を承認する方向か=報道

一方で、The Blockの情報筋によれば、2週間前にSECは、イーサリアムの現物ETFの申請に関心を示していなかったという。この点から今週のSECの動向は180度の転換であり、1人の情報筋が「これは全く前例のない状況だ。完全に政治的な動きであることを示唆している」と述べた。

もう1つSECの動向で疑問視されているのは、ETF発行企業がSECの企業金融局に連絡した際、取引市場局と意思の疎通がまだ取れていなかったこと。ETFの提供には、取引市場局が19b-4を、企業金融局がS-1の申請書類を承認する必要がある。

急な方向転換やSEC内部で意思疎通ができていなかったことから複数の情報筋は、SECの動きの背景には、民主党の代表として今年の大統領選に出馬するジョー・バイデン氏側の思惑があるのではないかと推測した。

具体的には、民主党は若者の票を必死に求めているという。イーサリアムの現物ETFを承認して、若者や仮想通貨コミュニティらの票を獲得し、大統領選の勝利につなげたいというバイデン氏側の意向がSECの動向の裏にあるとの見方を情報筋は示している。

一方で、仮想通貨業界を味方につける発言を、共和党代表のドナルド・トランプ氏がすでに行っていることはこれまで報じている通りだ。

関連トランプ前大統領が異例発言、仮想通貨業界を味方に

仮想通貨業界団体「Crypto Council for Innovation(CCI)」の法務・政策の責任者Ji Kim氏はThe Blockに対し、「仮想通貨単体だけでなく、規制の整備も有権者が望んでいることは議員の耳に入っている」と説明。CCIの世論調査から、仮想通貨関連の票は今度の大統領選で鍵になりうると述べている。

関連現物ETFの承認期待でイーサリアムが急騰、ビットコインは7万ドルの大台を回復

予定通りの行動か

一方で、イーサリアム現物ETFに対し、SECが本当に考えを急転換したのかについては疑問の声も上がっている。

投資顧問企業「The ETF Store」のトップNathan Geraci氏はThe Blockに対し、SECはイーサリアムの現物ETFを静かに承認しようと決めていたのではないかとの見方を示した。

Geraci氏は「もしSECがイーサリアムを有価証券であると判断したり、現物価格と先物価格の相関性を懸念したりするなどしてイーサリアムを区別したいのであれば、昨年に先物ETFを承認する前に境界線を引くことができたはずだ。でもSECはそれをしなかった」と指摘。イーサリアムがプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行したのは22年である。

関連米SECがイーサリアム先物ETF初承認、米政府閉鎖前に連続で認可するとの見方も

また「SECがイーサリアム先物ETFを承認したことで、現物ETFが承認されることもほとんど決まっていたのではないか」と主張。現物ETF申請に関する難しいやりとりはビットコイン現物ETFの時に済ませてあるため、これまで大きな動きが確認されなかっただけであるというのが同氏の見立てだ。

関連米裁判所、SECの主張に疑問を呈示 グレースケールGBTCめぐる訴訟で

つまり、承認判断期限が迫った今週になって調整に動いたため、政治的な力が働いたようにも見えるが、もともと計画通りだったのではないかとGeraci氏は分析。そして、政治的な思惑はあったとしても影響は非常に小さいだろうと述べた。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア