CoinPostで今最も読まれています

ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

21日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比66.2ドル(0.17%)高、ナスダック指数は37.7ポイント(0.22%)高で取引を終えた。

米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、マイクロストラテジーが4.15%安と反落した。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前日比227円安の3万8719円となった。

日米株価指数を牽引するAI(人工知能)関連銘柄の米エヌビディアの決算発表を控え、半導体関連に売りが出るなどポジション調整の動きも見受けられる。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比1.9%安の1BTC=69,888ドルに。

BTC/USD日足

ビットコインが急騰の反動安で利確売りに押された一方、渦中のイーサリアム(ETH)は前日比2.7%高の3800ドル台まで続伸した。

ETH/USD日足

直近高騰していたソラナ(SOL)も前日比4.1%安と下落しており、イーサリアムの保有量を増やすべく、資金が集まっている様子がうかがえる。

英大手スタンダードチャータード銀行のデジタル資産リサーチの責任者は、イーサリアム現物ETFが承認される見通しについて8〜9割と予想。承認された場合は、今年中に1BTC=15万ドル、1ETH=8,000ドルに達する可能性があるとした。

関連:「イーサリアムは24年末までに8000ドル到達の可能性」SCB、現物ETF承認の前提で

関連:イーサリアムの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、おすすめ取引所選び

オンチェーンアナリストのWilly Woo氏は、ビットコインが続伸して一段高となった場合、ショートスクイーズが相場を押し上げる可能性が高いとの認識を示した。

これは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス先物市場の「BTC/USDT」におけるLiquidation Heatmap(清算ヒートマップ)を根拠にした見立てであり、過去最高値の73,800ドル付近は、ショートポジションのロスカット(強制清算)が集中する価格帯であることを示している。

期待感の後退していたイーサリアム現物ETF(上場投資信託)を巡り、ここへきて米SEC(証券取引委員会)の上場承認の確率予想を大幅に上方修正するアナリストの見方が相次いだ。

上昇の背景

ビットコインやイーサリアムが高騰した要因としては、イーサリアムETF発行者のフィデリティやヴァンエックなどの大手資産運用会社が、19b-4の申請修正を行った事実が判明したことが背景にある。

SEC申請フォームの19b-4は、証券取引所がイーサリアムETFなどの新しい金融商品を上場させる際に提出する規則変更の申請書にあたる。したがって、SECの指示によって、SECが求める規制要件や安全性を満たすための前向きな進展が水面で行われたと解釈される。

これまでのSECの規制アプローチや申請機関とのやり取りを経て、多くのアナリストやファンドマネージャーらは、今回申請されたETF群の最終承認期日である今年5月までの承認見込みは限りなく薄いと読んでいたことから、市場は意表を突かれた格好だ。

梯子を外され“非承認”となれば急反落するおそれもある一方で、“早期承認”されれば二重の意味でポジティブサプライズであり、金融相場の利下げ思惑も相まって暗号資産(仮想通貨)相場が再びリスクオンに傾く可能性は十分起こり得る。

今後のSECの規制アプローチを含め、仮想通貨の証券性が争われる裁判の司法判断にも優位に働く可能性があるからだ。

専門家によれば、イーサリアムETFの承認後、正式に取引できるようになるまでに最大数か月かかる可能性もあるが、ビットコイン現物ETFの事例では直ちに取引が開始された。

米SEC(証券取引委員会)が態度を急軟化させたということであれば、11月に迫る米大統領選を見越した政治的思惑が交錯するとの見方が強まる。

共和党への政権交代およびトップへの返り咲きを狙うトランプ前大統領は、仮想通貨業界への理解と支持を早々に打ち出し、締め付けを強めるバイデン政権を批判しつつスタンスの違いを鮮明にした。米国におけるテクノロジーの発展やイノベーション推進を重視する新興産業やクリプト支持派の囲い込みを図っているとの指摘がある。

関連:トランプ前大統領が異例発言、仮想通貨業界を味方に

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

アルトコイン相場

イーサリアム現物ETF承認期待を背景にしたETHの高騰を受け、“アルトシーズン”の再来思惑も台頭している。

CryptoYoddha氏は、(ビットコインを除く)仮想通貨の全体時価総額のチャートから、今後の展望についてテクニカル分析。

「強気相場が続くとみられる中、今年3月の上昇局面で記録した1.27兆ドルの上値抵抗線を再テストし、その後、前サイクルのピークである1.7兆ドルの過去最高値を目指すだろう」との見方を示した。

最近の調整局面で保有してきたアルトコインを売却したというMichaël van de Poppe氏も、「直近高値からおよそ30%のドローダウンを経て調整局面は終わった」「イーサリアム(ETH)を筆頭に、今後2〜4ヶ月以内に(市場価格から)最大60〜70%高の過去最高値に達するだろう」と強気の見立てを支持した。

関連:イーサリアムの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、おすすめ取引所選び

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア