CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

存在感を増す韓国市場

韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は22日、同国の暗号資産(仮想通貨)市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。

レポートは、メッセージアプリTeregramのチャンネルやGoogleトレンド、X、カカオトークなどのさまざまな・プラットフォームからのデータを調査し、2023年の韓国の仮想通貨コミュニティ独自の特徴と、主要な傾向について細かく分析した。

はじめのトピックは2023年に、韓国の取引所Upbitがスポット市場において、バイナンスに次いで世界最大の取引量を記録したことだ。

出典:DeSpread

韓国の取引所はビットコインイーサリアムよりも、アルトコインの取引が大きいという特徴を持つという。 

例えば、昨年8月、ビットコインのL2プロジェクト「Stacks」の世界取引高の90%が韓国の取引所で発生し、イーサリアムのNFTマーケットプレイス「Blur」のトークンに関しては、60%の取引が韓国の取引所で行われた日もあったとレポート。

そのため、主要アルトコイン取引に対する韓国市場の影響は大きいと考えられる。

DeSpreadは昨年のレポートで、多くの韓国の個人投資家は、高いリターンを得られる可能性を秘めたアルトコインに強い関心を示し、それに伴う高いリスクを受け入れる傾向があると分析している。

仮想通貨投資に高い関心

レポートでは、Googleトレンドを利用して、韓国と米国、日本の3カ国における「株」と「コイン」の検索数を比較したところ、韓国の仮想通貨への関心が著しく高いことが判明した。

出典:DeSpread

米国では株の検索数が仮想通貨の約20倍だったのに対し、日本では株の検索数がコインの約7倍となった。一方、 韓国では、コインの検索数が株式よりも約25%多い結果となった。

このような仮想通貨への関心の高さは、実際の投資家の人数にも反映されている。

韓国の株式投資家の人口は約1,441万人で人口の28%に当たるという。それに対し、中央集権型取引所の口座に基づいた韓国の仮想通貨投資家の推定数は約627万人で人口の12%を占める。

仮想通貨リサーチ企業Kaikoのレポートによると、2024年第1四半期(1~3月)の韓国ウォンの対仮想通貨取引高は約4,560億ドル(約71兆円)となり、米ドルの4,550億ドル(約70兆円)を超えて世界の法定通貨でも首位に立った。

関連:韓国ウォン、対仮想通貨取引高で世界トップに 日本円は?

Telegramチャンネルの分析

韓国の仮想通貨投資家の間では、他国と比べてX(旧ツイッター)の利用率は低く、Telegramやカカオトークなどのメッセージアプリ基盤のコミュニティが非常に活発だとレポートは指摘した。特に価格や市場分析を中心に議論が展開されているという。

レポートは、Telegramの110のアクティブな韓国語仮想通貨チャンネルを分析し、2023年のトレンドに関するキーワードをまとめた。

「ビットコイン」、「NFT」、「エアドロップ」が上位にランクイン。全体的に、オンチェーン活動を通して、無料で利益を得る機会に対して関心が高いことがわかった。

月毎の分析結果は以下の通り:

  • 1月: マクロ経済の不確実性
  • 2月: シルバーゲート銀行とシリコンバレー銀行の破産
  • 3月: USDCのデペッグ
  • 4月: ミームコインブームと次世代L1ブロックチェーンSUIのローンチ
  • 5月: BRC-20と規制
  • 6月: 中央集権型取引所の連続倒産
  • 7月: SECに対するリップル社の部分的勝利、ワールドコインのローンチ、日本市場(「WebX東京」関連)
  • 8月: Curveのハッキング、SEIローンチ、ビットコイン現物ETF
  • 9月: KBWとフレンドテック
  • 10月: MEMEトークン、ファントークンSPURS上場
  • 11月: Celestia(TIA)メインネット立ち上げとエアドロップ
  • 12月: Web3 ゲーム「Fusionist」(バイナンスのLaunchpool プロジェクト)、WEMIXの再上場

関連2024年注目の仮想通貨10選 各セクターの主要銘柄と関心を集める理由を解説

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア