CoinPostで今最も読まれています

米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

対SEC裁判で仮抗告の最終書面

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは24日、米証券取引委員会(SEC)との裁判で、仮抗告を求める最終書面を地方裁判所に提出した。

その中で、先日下院でFIT21法案が可決したことを引き合いにだして、次のように指摘している。

米国下院は、包括的なデジタル資産法案を超党派で承認した。この法案はSECが主張しているような広範な管轄権を否定している。

FIT21は「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の略称である。これは仮想通貨市場における規制の不確実性を解消し、イノベーション促進と消費者保護の強化を両立させるものだ。

特に、米商品先物取引委員会(CFTC)に仮想通貨のスポット(現物)市場やビットコイン(BTC)などのデジタル商品(コモディティ)を監督するための追加権限や追加資金を与えることを盛り込んでいる。

この法案が今年成立する可能性は低いものの、仮想通貨コミュニティの気運を高める結果となった。なお、バイデン政権やSECゲンスラー委員長はこの法案に反対している。

関連: 米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言

関連: SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過

コインベースは、SECが仮想通貨取引を証券性のある「投資契約」とみなして規制できるかどうかという点について、高等裁判所の意見を仰ぐために仮抗告を求めているところだ。

対するSECは、コインベースは証券性を判断する上で定着した判例(ハウィーテスト)を自社のニーズに合わせて書き変えようと欲しているとして、仮抗告を退けるよう裁判所に申し立てていた。これを受けて、コインベースは今回の書類を提出した。

関連: 米SEC、コインベースの仮抗告を却下するよう申し立て

ハウィーテストとは

ハウィーテストとは、米国で特定の取引が「投資契約」という証券取引の定義の一つに該当するかどうかを判定するテスト。1946年のHowey社訴訟事件の際に裁判所が「投資契約」の判断基準として定めた。

▶️仮想通貨用語集

SECへの反論

コインベースはその他に、ハウィーテストの元となる判決以降78年間、控訴裁判所が販売後の契約義務がない取引を「投資契約」と認めたことはないとも主張した。

コインベースのポール・グレワル最高法務責任者は、改めて次のように説明している。

私たちが仮抗告しようとしている問題は、何も契約と見なされるようなものを伴わないデジタル資産取引をSECが「投資契約」として規制できるかどうかということだ。

また、リップル社との裁判ではSEC自身が、ハウィーテストの適用に関する法的枠組みをめぐっては裁判所間で意見が分かれていると主張しており、これは対コインベース裁判における主張とは矛盾しているとも述べた。

コインベースが仮抗告を進めるには、地裁の判事による承認が必要だ。ただし地裁で最終判決が下される前に、控訴裁判所への仮抗告が認められることは少ないとされる。

関連: コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア