CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは? Runesプロトコルの背景から買い方まで

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン上のミームコイン「DOG」

ビットコイン上で新たに注目を集めているミームコイン「DOG」。この記事では、このトークンが発行されたRunesプロトコルの背景について詳しく解説します。

DOGトークンに深く関連するRunestoneプロジェクトや、Ordinals保有者へのDOGエアドロップ、そして市場での現在の位置付けについても検証します。また、DOGトークンの購入方法やRunesトークン市場に対する懸念についてもご紹介します。

OrdinalsのCasey氏とRunes

Runesは、Ordinalsの創設者であるCasey氏がトークンを発行するために立ち上げた新しいプロトコルです。2024年4月20日のビットコインの半減期に、ブロックの高さが840,000に達したときにローンチされました。

Runesの目的は、ビットコインのブロック報酬分をカバーするためにネットワーク手数料を増加させる、投機的な需要の基盤となることです。

Runeプロトコルはライトニング・ネットワークと直接互換性があり、高速で費用対効果の高いトランザクションを容易に行う、スケーラブルなもの 出典:The INX Digital Company INC

Runesは、BRC-20の課題を解決し、その投機需要を代替する形で設計されています。BRC-20は、2023年3月にOrdinalsプロトコル上でトークンを作成する方法として提案されましたが、ビットコインのブロックスペースを圧迫し、またトークン追跡をサードパーティに依存するなどの課題がありました。

Runesは、ビットコインの送金構造「未処理のトランザクションアウトプット(UTXO)」にトークンを紐づけ、特定の形式とルールに従ってプロトコルメッセージを送信します。発行量や供給ペースを定義でき、追跡もオンチェーンで完結するトークンプロトコルとなっています。

Ordinalsとは

satoshi単位の追跡理論に基づく。1BTCを1億satoshiに分割し、それぞれに固有の識別子を付与。テキストや画像、動画などのデータを「Inscription(インスクリプション)」として記録することで、ブロックチェーン上に保存する。

Ordinals保有者へのDOGエアドロップ

Runesプロトコルで最初に作成されたトークンは「UNCOMMON•GOODS(#0)」ですが、最も注目を集め、多くの保有者を獲得したのは、4番目(#3)に作成された犬をテーマにしたミームコイン「DOG•GO•TO•THE•MOON(DOG)」です。

DOGは、Ord.io(Ordinals Explorter)の創設者であるLeonidas氏が主導しており、2024年4月24日に75000以上のOrdinal NFT「Runestone」コレクション保有者に1,000億DOGトークンがエアドロップされました。

Runestoneコレクションは、RunesプロトコルでのDOGトークン発行に先立ってLeonidas氏が始めたOrdinals(NFT)プロジェクトであり、ビットコイン半減期(4月20日)時にOrdinalsを3つ以上保有するウォレットにエアドロップを実施しました。発行総数は112,400枚で、北欧古代の魔法のシンボル「Runes」を持つ黒い石が描かれたものです。

出典:Ord City

3月初旬には、ファンディングの一環としてRunestone #63140674を最大のファイルサイズを持つOrdinalsとして競売にかけ、8 BTC(556,000ドル)で落札されました。オークションの収益は、半減期後のRunesでのRunestone、及びDOGエアドロップのネットワーク料金に充てられました。

これら2段階のエアドロップ戦略は、コミュニティを巻き込むことに成功し、プロジェクトの立ち上げを支える重要な役割を果たしました。

出典:Ordi Scan

DOGトークンは、5月25日現在、Runesで作成されたトークンの中で、2番目に高い時価総額である約4億ドルを誇ります。

Runesトークン市場のリスク

なお、現在のRunes市場は徐々に公平性が薄れているとの批判もあります。特に時価総額でトップの「Z•Z•Z•Z•Z•FEHU•Z•Z•Z•Z•Z」は総量の99%をプレマイニングしており、Xのプロフィールからは中国系の取引所OKXとの関連性も見受けられます。「SATOSHI•NAKAMOTO」も同様に大半がプレマイニングされています。

出典:DUNE(@cryptokoryo)

現在の市場には多くのRunesトークンが存在しますが、ユーザー基盤や発行数の伸びは鈍化し、一時的に沈静化しています。また、Runes市場は限られており、主要な取引が一部の中央集権型取引所に偏っているとも指摘されています。

しかし、Runesトークンの名前は大文字のA-Zを用いた13~26文字で構成されており、リリースから約4か月ごとに1文字少ない文字数がアンロックされる仕組みです。このサイクルは2028年の次の半減期まで続き、Runesのハイプサイクルが一定間隔で形成されるように設計されています。その間に市場環境が整備され、Runesのアップデートと併せて、今後も注目が続くでしょう。

DOGの買い方

Runesプロトコルは誕生したばかり。現在、DOGは一部のマーケットプレイスでのみ利用可能です。現在、DOGトークンを取引するための分散型プラットフォームとしてはMagic Edenがあります。

出典:Magic Eden

Magic Edenは、ソラナベースの資産を含む人気のマルチチェーンマーケットプレイスですが、現在では、Runestoneを含むビットコインOrdinals(NFT)、Runesのトークン、イーサリアムのNFTなど、さまざまなプラットフォームから幅広い商品を提供しています。

Magic Edenの利用にはMagicEden Walletが便利です。このウォレットはビットコイン(BTC)にも対応しています。また、メタマスクもビットコインへの対応を開始しました。

ビットコイン(BTC)に投資したい方はこちらをチェック(PR)

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア