CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン巨額のハッキング被害も週末相場への影響は限定的、ピーター・ブラントの強気シナリオでは来年15万ドルに達する可能性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末5月31日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比574.8ドル(1.5%)高、ナスダック指数は2ポイント安で取引を終えた。

米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、コインベースが前日比3.7%安と反落した。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前営業日比361.7円(0.94%)高となった。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比%高の1BTC=68,737ドルに。

BTC/USD日足

MikybullCrypto氏は、形成中のメガホンパターン(ブロードニング・フォーメーション)の上抜けを予想。ブレイクアウトを果たした場合、強気の価格予測では1BTC=85,000ドル|+1.45万ドル(20.5%高)の上値余地があるとした。

先週末の5月31日には、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所DMM Bitcoinから480億円(3億ドル)相当のビットコイン「4502BTC」が不正流出する事件が発覚し一時下落したが、相場への影響は少なくとも現時点では限定的に留まった。

顧客の預かり資産については、グループ会社からの支援のもと調達を行い全額補填する決定をいち早く打ち出しており、いずれ潜在的な買い圧力になるとの見方もある。

関連:DMMBitcoin、480億円相当のビットコインが不正流出被害か

関連:31日の米PCE結果はブレイクアウトの成功を左右する材料となり得る|bitbankアナリスト寄稿

QCPキャピタルは、DMMのハッキングで不正流出したビットコイン(BTC)やMt.Goxが債権者に弁済する約96億ドル相当のビットコイン(BTC)は市場の売り圧力になるため弱気の見通しを示し、一方でイーサリアム(ETH)に対しては、市場予想よりも前倒して6月中にもETF(上場投資信託)の取引が開始される可能性があるとして強気の見通しを示している。

中・長期予想

著名投資家のピーター・ブラント氏は、「ビットコインの過去の強気相場サイクルには美しい対称性がある」と指摘した。

マイニング報酬が半減する「半減期(Halving)」の日付が、過去の強気相場サイクルのほぼ中間点を示しているという。具体的には、天井圏から75%以上の価格下落後の安値=強気相場サイクルの開始地点から半減期までの週数は、半減期から次の強気相場の高値までの週数とほぼ等しいとの観測に基づく。

例えば、前々回の半減期である2016年では、半減期を挟んで76週間(532日間)に渡って弱気相場から強気相場へと転換した。前回は71週〜78週に渡って同様の展開を辿っている。

このパターンから次の相場サイクルの最高値を想定すると、強気シナリオでは来年(2025年)8月末から9月初めにかけて1BTC=130,000ドル〜150,000ドルの範囲に達する可能性がある。

一方、弱気シナリオとしては、現在のビットコイン(BTC)価格がすでにピークを迎えている可能性も25%程度あると言及した。高値を更新せずに1BTC=55,000ドルを下回った場合、指数関数的減衰(Exponential Decay)の確率を上げるとしている。

過去の強気相場サイクルのデータは次の通り。

  • 2009年12月21日から2011年6月6日まで: 3191倍の上昇
  • 2011年11月14日から2013年11月25日まで: 572倍の上昇
  • 2015年8月17日から2017年12月18日まで: 122倍の上昇
  • 2018年12月10日から2021年11月8日まで: 22倍の上昇

強気相場の繰り返しでいずれも大幅上昇して入るものの、市場規模が拡大し、より成熟してきた昨今では各サイクルの上昇幅は前回サイクルの約20%程度に縮小している。

このロジックを過去のパターンに適用すると約4.5倍(22*0.2)の上昇が予測され、現在のサイクルの底値である15,473ドルを基にすると、予測される高値は72,723ドルで、すでに達成された価格と一致するという。

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

オンチェーンアナリストのLeonWaidmann氏によれば、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の暗号資産(仮想通貨)取引所残高は過去数年間で最低水準に達している。

取引所に保管されているBTCは全供給量の11.6%、ETHは10.6%まで減少しており、大口投資家(クジラ)が引き続き暗号資産を蓄積し、供給が不足する可能性が高まっていることを意味する。

1年前の取引所残高は、ビットコイン(BTC)が約20%、イーサリアム(ETH)が25〜26%だった。これらの減少は、大口投資家が資産を取引所から引き出して自己管理していることや、ステーキングによるロックアップが影響していると考えられる。

関連:イーサリアムの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、おすすめ取引所選び

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア