CoinPostで今最も読まれています

暗号資産レンディング『BitLending』が”金価格連動型”ステーブル銘柄Kinka Gold『XNK』を取扱開始 今だけお得なキャンペーンも実施

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BitLendingは、2024年6月10日(月)より、取り扱い銘柄に”ゴールド連動型”ステーブルコイン・Kinka Gold(キンカゴールド)『XNK』を追加しました。

Kinka Gold『XNK』とは、1トロイオンス(約31.1035g)の金地金で価値が裏付けられた暗号資産で、第一商品株式会社(東証スタンダード:8746)の海外子会社である「Kinka(BVI),Ltd.」が発行しています。

第一商品株式会社は1981年以来、日本の投資家に金地金の販売と資産管理サービスを提供してきており、豊富な取り扱い実績とともに金現物市場において確固たる地位を確立しています。

また、Kinka Gold『XNK』を裏付ける金地金の品質は第一商品株式会社によって担保され、英国ロンドン貴金属市場協会(LBMA)のグッド・デリバリー・スタンダードを満たしています。

2024年にかけて高騰しているゴールド(金)は、歴史的に価値の保存手段として評価されてきましたが、配当や利子を生まないため、直接運用益を生むことがないというデメリットがあります。 しかし、金地金とペッグ(連動)したKinka Gold『XNK』をレンディングすることで、このデメリットを克服することが可能です。

BitLendingにKinka Gold『XNK』を貸し出すことで、実質的に金(ゴールド)そのものを増やす利回り運用を実現することができます。

関連:第一商品子会社発行の金連動型ステーブルコイン「Kinka Gold」、海外取引所に上場

また、新規取り扱い開始とあわせてKinka Gold『XNK』がもらえるお得なキャンペーンも開始しました。キャンペーン概要は下記です。

キャンペーン概要

▼キャンペーン内容

BitLending新規口座開設で “ゴールド連動型” ステーブルコインKinka Gold『XNK』をもらおう!

▼実施期間:

6月10日(月)10:00 ~ 6月30日(日)23:59

▼条件・特典:

キャンペーン用WebサイトからBitLendingの新規口座を開設

②貸出したい仮想通貨で貸出申込&送金

実施期間中に上記の①、②を完了で、もれなく1,000円分のKinka Gold『XNK』をプレゼント!

※貸出する銘柄は問いません。

▼配布方法について:

7月上旬にお客様のアカウントへ付与いたします。

注意事項:

キャンペーン用のWebサイトからの口座開設が必須条件です。

・他のキャンペーン、ポイントサイトとの併用はできません。

・実施期間中にキャンペーン用Webサイトから新規口座開設+貸出完了で条件達成となります。

・過去にBitLenidngアカウントを開設済みの方は対象外となります。

・貸出完了はブロックチェーンのトランザクション(着金履歴)を基に判断します。

・実施期間を過ぎてしまうとキャンペーンは無効となります。

・各暗号資産の最低取扱数量以上で貸出す必要があります。

BitLending概要

株式会社J-CAMが提供する暗号資産レンディングサービス「BitLending」は、お手持ちの暗号資産を貸し出しして「レンタル料」を得ることができるサービスです。

BitLendingで暗号資産(仮想通貨)をレンディングする(貸し出す)と、元本をそのままに年利最大10%で増やすことができます。簡単な手続きでご利用することができ、貸し出した資産には月毎に貸借料(利息)が付与されます。

貸し出した資産は業界最速となる「返還請求から7営業日」で返還されます。利用者の資産の安全を第一に考え、徹底したセキュリティ対策を実施しているのも特長です。

顧客から賃借した暗号資産はBitLendingプラットフォームで管理され、提携先の暗号資産取引所やクリプトファンド、投資機関などで運用されます。

BitLendingは直感的なユーザーインターフェースを提供しており、初心者でも簡単に貸し出しを始めることができます。登録から貸し出しまでの手続きがスムーズで、複雑な操作は必要ありません。

【サービス詳細】

・貸出期間:最短1ヶ月(貸出から1ヶ月は返還できません。以降、いつでも返還が可能。)

・貸出開始日:送金日の翌日

・満期日:毎月末日の営業日

・貸借料:満期日(月末)で確定。翌月1日12:00に付与。

・自動繰入:毎月1日に貸出元本に自動繰入

・返還:[即時返還]当月貸借料を破棄、申請から7営業日で返還。

[満期日返還]満期日(月末)から7営業日で返還。

・出金ネットワーク手数料:年4回まで無料

【貸出可能な暗号資産と貸借料率】※2024年6月更新

暗号通貨 年利(APY)
BTC|ビットコイン 8%
ETH|イーサリアム 8%
XRP|リップル 6%
USDT|USテザー 10%
USDC|USDコイン 10%
DAI|ダイ 10%
XNK|キンカゴールド 4.5% ≪NEW≫

【暗号資産レンディングのポイント】

■暗号資産の中長期保有戦略に最適

暗号資産を中長期にわたって保有する場合、BitLendingに貸し出すことで安全に保管することができ、暗号資産の値上がりを待つ期間も安定的に高利率で暗号資産の数量を増やすことができます。

■通貨分散の手段として活用できます

USDT・USDC・DAIは米ドルと価格が連動している暗号資産です。円安・物価高騰トレンドの時などに、これらをBitLendingに貸し出すことで通貨分散の手段として活用することができます。国内の銀行預金の年利がおおよそ0.01%程度であるのと比較すると、最高1,000倍の運用効果を得ることができます。

BitLendingの強み

■国内最高クラスの貸借料率

他の暗号資産レンディングプラットフォームと比較しても競争力のある利率を提供しています。これにより、ユーザーはより高いリターンを期待できます。

■国内最速返還『申請から7営業日』※自社調べ 24年5月時点

■出金(返還・紹介報酬出金)手数料が年4回まで無料

■月次複利効果

BitLendingに暗号資産を貸し出すと毎月1日に貸借料が支払われ、自動的に貸出元本に繰り入れられます。

■サポート体制が充実

・お問い合わせへサポート担当スタッフが素早く対応。

・ユーザー向けの事業報告会の開催。(不定期)

・2023年7月から四半期ごとの運用レポートを会員に向けて開示。

■サービス提供開始から2年間以上の実績

サービス提供開始から2年以上の実績があり、特に2022年には「テラ・ショック」に伴う暗号資産相場の急落や「海外大手暗号資産取引所のFTX破綻」、2023年には「米地銀シリコンバレーバンク(SVB)破綻」など、市場が混乱するニュースがありましたが、これらの影響を受けることなく運営されています。

■“ゴールド連動型ステーブルコイン” Kinka Gold(キンカゴールド)『XNK』を取り扱い

新規追加銘柄の“ゴールド連動型ステーブルコイン” Kinka Gold(キンカゴールド)『XNK』を貸し出しすると実質的に複利で保有する金(ゴールド)が増えていくことになります。通常の金投資では得ることのできないインカムゲイン(利息・利回り)を得ることができます。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア