CoinPostで今最も読まれています

「ソラナやXRPの現物ETFは2026年まで実現しない」ブルームバーグアナリスト見解

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

アルトコインETFの実現可能性

ブルームバーグのアナリストを務めるジェームズ・セイファート氏は、Kitco NEWSに出演しビットコインイーサリアムに続く暗号資産(仮想通貨)現物ETFの実現可能性について話した。

セイファート氏は、もし仮にソラナXRPのETFが早く実現するとしても2026年以降になる可能性が高いと意見している。

ETFとは

「Exchange Traded Fund」の略。金融商品取引所に上場している投資信託を指し、仮想通貨に限らず幅広い金融商品が取引されている。

▶️仮想通貨用語集

まず考えなくてはいけないのは、その資産が商品(コモディティ)であるか証券とみなされるかということであり、現在のところ米証券取引委員会(SEC)は、対コインベース訴訟などで、ソラナを「有価証券」の例として明示していると指摘した。

関連: コインベース提訴 SECゲンスラー委員長「もう仮想通貨は必要ない」

これとは対照的に、先日現物ETFが承認されたイーサリアムに関しては、SECは一度も「証券である」と明言したことはなかった。

次にセイファート氏は、ビットコインやイーサリアムについては現物ETFに先行して、すでにCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)で先物ETFが取引されていたことにも言及している。

SECはこの規制された先物市場を通じて詐欺や価格操作などのリスクを監督することが可能だ。しかし、ソラナやリップルについてはそうした先物市場はまだ存在しない。

セイファート氏は、こうした問題は、もし仮に仮想通貨擁護の姿勢を示すドナルド・トランプ氏が大統領への再選を果たした場合やSECが新体制になった場合はルール策定などで対処が進む可能性もあると述べた。ただその場合でもこれは時間がかかるプロセスであり、2026年までイーサリアム以外のアルトコイン現物ETF承認は難しいだろうと続けている。

セイファート氏は、ソラナやリップルなどアルトコインの証券性については、先月下院を通過した「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法(FIT21)」が成立した場合に解決できる可能性があるとも述べた。

この法案は、規制明確化を図るもので、ある仮想通貨が充分に分散的に実行されている場合は米商品先物取引委員会(CFTC)がコモディティとして規制し、分散化されていない場合はSECが証券として規制することなどを定めるものだ。

ただ、バイデン政権はこの法案に反対する声明を出している。

関連: SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過

ソラナなどのETFについては意見分かれる

アルトコインETFの実現可能性については識者の中でも議論が分かれているところだ。例えば、米リップル社のガーリングハウスCEOは、今後XRPやソラナなどのETFが承認されるのは「時間の問題だろう」と話している。

また、スタンダード・チャータード銀行のアナリストは、イーサリアムETFの承認は、イーサリアムが有価証券として分類されていないことを示唆しており、他のイーサリアム類似銘柄も証券とされない可能性があると意見した。

一方で、JPモルガン幹部などは、あるトークンの証券性を否定する法的根拠がないうちは、そのトークンのETFは難しいのではないかとしている。

関連: 「米SECはイーサリアム以降は仮想通貨現物ETFを承認しない可能性」JPモルガン分析

関連: 「今後XRP、ソラナ、ADAの現物ETFが実現するだろう」米リップル社CEO見解

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア