CoinPostで今最も読まれています

アーサー・ヘイズ氏「G7中央銀行の利下げで仮想通貨は新たな強気相場へ突入する」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

強気相場の復活

暗号資産(仮想通貨)取引所BitMEXの創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は6日、最新のブログで相次ぐG7中央銀行の利下げを取り巻く状況を分析し、「仮想通貨の強気相場が再び目覚めようとしている」と主張した。

「愚か者の集団」と題したブログでヘイズ氏は、ドルと円の為替レートが最も重要なマクロ経済指標だが、「G7を率いる中央銀行のいかさま師たち」は円と米ドル、ユーロ、ポンド、カナダドルの金利差が徐々に縮小するというシナリオを演出するため、日本以外のG7の中央銀行が高い政策金利を引き下げる可能性があると示唆した。

ヘイズ氏は、将来、金利が収束に向かうことを市場に納得させることが円高につながり、中国による人民元の切り下げ阻止に役立つとの見ている。人民元の切り下げにより、米国債が大量に売却されれば「パックス・アメリカーナ」(米国の覇権による平和)主導による世界金融システムが脅かされる恐れがある。

ヘイズ氏は、イエレン米財務長官が金利差を縮小することを決定した場合、唯一の選択肢は政策金利が高い中央銀行が金利を引き下げることだと指摘している。

先週、カナダ銀行(BoC)と欧州中央銀行 (ECB)は、インフレ率が目標を上回っているのにも関わらず、金利を引き下げるという異例の措置を取った。ヘイズ氏は、欧州とカナダの動きは、世界的な金融融政策緩和への転換を示していると見ており、投資家は ビットコイン(BTC)などの代替資産を求め、仮想通貨の強気相場につながる可能性があると示唆した。

FRBは利下げに向かうか

13日から15日までG7サミットが開催されるが、日銀以外の各国中央銀行が利下げの開始に合意するかに関心が集まるとヘイズ氏。

中でも最も大きな影響力を持つ米連邦準備制度理事会(FRB)の動向が注目される。

米国では今年11月に大統領選が迫っており、通常ならFRBは方針を変更しないと同氏は語る。しかし、「有力な大統領候補が実刑判決の可能性に直面する」という前代未聞の状況下では、「柔軟な考え方をするつもりだ」と述べた。

同氏は、インフレ指標が目標を上回る中、FRBが金利を下げるのは「政治的自殺行為」だと考えており、基本的にFRBは金利を据え置き、日銀による金融政策にも変更はないと見ている。

一方、保守党の大敗が予想される英国に関しては、「イングランド銀行に失うものは何もない」ため、「BoCとECBの金利引き下げを考えると、下落に驚かされる局面もありうる」と述べた。

予想シナリオの変化

ヘイズ氏は、利下げという「中央銀行の花火」は、主要国の中銀総裁や著名エコノミストが参加し、世界金融市場に大きな影響力を持つ経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」が開催される8月から開始するのが基本的な流れだと考えていたという。

同会議は「突然の政策変更が発表される場」でもあるとヘイズ氏は指摘する。しかし、BOCとECBの利下げにより、中央銀行はすでに金融緩和のサイクルを開始したと同氏は見ている。

このようなマクロ環境の変化によって、ヘイズ氏は戦略を変更すると発表。同氏は、「ステーブルコインUSDeで、かなりの年利を稼いでいるが、ビットコインと確信を持てるコインに投入する時が来た」と述べた。

仮想通貨の強気相場が再び目覚め、放漫な中央銀行家たちの皮を剥ごうとしているといえば十分だろう。

関連:ビットコイン強気相場継続の根拠、アーサー・ヘイズ氏語る

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア