CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムL2「ZKsync」、独自トークン発行へ ガバナンスを分散化

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

独自トークン発行へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのL2「ZKsync」のプロジェクトは10日、新たなガバナンスの仕組み「ZK Nation」を発表した。

独自トークンを発行して、ガバナンスの分散化を促進することがZK Nationの目的。これから、トークン所有者がZKsyncのアップグレードに関する提案を行ったり、投票したりできるようにしていくと説明している。

L2とは

「レイヤー2」の略で、「2層目」のネットワークのこと。全ての取引をメインチェーンで処理すると負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。取引の一部をL2で行うことで、メインチェーンの負荷軽減や処理速度の向上を期待できる。

▶️仮想通貨用語集

関連ブロックチェーンのレイヤー2とは|種類や注目点、代表的なネットワークを解説

ZKsyncを巡っては、以前からトークンの発行やエアドロップを期待する声が上がっていた。先月には関係筋からの情報をもとに、6月中旬にエアドロップを実施する予定があることや、トークンの総供給量は210億枚になることが報じられていた。

関連イーサリアムレイヤー2「zkSync」、6月にエアドロップを実施予定か

一方で今回の発表は、ガバナンスの大枠を説明するだけに留めている。トークン配分や委任プロセス、貢献方法に関する詳細は今週中に改めて発表すると説明。また、ガバナンス構造については今後数週間の間に、より詳しい情報を公開するとしている。

関連「Dencun後はL2の取引手数料が下がったことを実感できる」イーサリアムL2のzkSyncが予測

3つの組織を創設

ZK Nationは、今年3月にXのアカウントが作られていた。一方、初投稿は今月の10日で、その後に今回の発表を投稿している。

ZKsyncの本家のアカウントは、今回の発表の前に、ZK Nationのアカウントをフォローするように促していた。公式的には「ZK Nation」はコミュニティであると説明されている。

今後は、ZKsyncを継続的に発展させていけるようにするために新しいガバナンス体制を構築する計画。新しいガバナンス体制は以下の3つの組織で構成すると説明している。

  • ZKsync Token Assembly
  • ZKsync Guardians
  • ZKsync Security Council

この3つの中で、トークン所有者が属することになるのが1番目の「Token Assembly」。トークン所有者はZKsyncの運営で協力し、自身で提案や投票をおこなったり、投票権を委任したりできるようになる。

2つ目の「Guardians」はZKsyncを保護する役割を担うという。Guardiansは拒否権を行使したり、緊急時の対応を承認したりすることができると説明。最初は5名のメンバーが参加するとしており、詳細は近く発表するとした。

3つ目の「Security Council」は技術面のサポートを担当。技術力のあるエンジニア、監査人、サイバーセキュリティの専門家で構成される。また、Security Councilは、重大なバグやハッキングなどがあった際に、プロトコルの全体や一部を停止する権限を持つと説明した。

Security Councilについては最初は12名が所属。技術の専門家を世界から集めるとしている。

関連イーサリアムの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、おすすめ取引所選び

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア