CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムL2のOP Mainnet、「Fault Proof」をローンチ ネットワークの分散化へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

OP Mainnetを分散化

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのL2プロジェクト「Optimism(OP)」は11日、「Fault Proof」の機能をOP Mainnetに実装したことを発表した。

オープンソースでパーミッションレス(自由参加型)のFault Proofをメインネットで行えるようになったことで、L1のイーサリアムへの出金時に、第三者の信頼に頼るリスクをなくすことができると説明している。

Fault Proofとは、トランザクションに間違いなどの問題があった時に異議申し立てを行うことができる仕組み。OP Mainnetは稼働はしている一方で、この仕組みが実装されておらず、これまでFault Proofはテストネットで開発を継続していた。

関連OP Mainnetが分散化へ前進 Fault Proof完全版をテストローンチ

今回のFault Proofのローンチはセキュリティが向上するだけでなく、分散化の効果も期待される。Optimismの開発キットのOP Stackは、コインベースが関与するL2「Base」などが活用しており、これからOP Stackを使うチェーンもFault Proofの実装を行なっていくとした。

一方で、OP MainnetのFault Proofには誰でも参加できるようにはなっているが、責任や安全性の観点から、システムの不具合の際に「Security Council」が許可型に変更する権限を持っているとも説明している。

関連ブロックチェーンのレイヤー2とは|種類や注目点、代表的なネットワークを解説

今後も開発を継続

以下の「L2BEAT」のデータによれば、OP MainnetはL2ネットワークの中で、運用のためにロックされた仮想通貨の総価値「TVL(Total Value Locked)」は3位。2位はBaseで、1位はBaseに2倍以上の差をつけている「Arbitrum One」である。

出典:L2BEAT

L2BEATは上記画像のように「STAGE」の項目で、ロールアップの機能や開発の進捗状況によってランク分けをしている。例えばBaseについては、「Stage 1」になるためにはFault Proofの仕組みが欠けていることなどを指摘している。

ロールアップとは

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決する方法の一つ。メインチェーンの外で取引を実行するレイヤー2ソリューションを指す。

▶️仮想通貨用語集

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

OP Mainnetは現在、この分類は確認中だと表示。OptimismはL2BEATの評価を意識しており、今後はFault Proofの開発を続けて、Stage 2を目指すとした。

なお、Arbitrum Oneは「完全に機能する証明システムが実装されていること」や「Fault Proofに外部から最低5名が参加するようになっていること」などからStage 1に分類されている。

その一方で、Fault Proofの異議申し立てはホワイトリストに入っているメンバーしか行えないなどの理由で、まだStage 2には分類されていない。

関連イーサリアムの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、おすすめ取引所選び

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/18 火曜日
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。
10:45
BTC現物ETF、先週は900億円超の資金が流出
仮想通貨ビットコインの現物ETFから先週、900億円超の資金が流出。これには米FOMCが影響を与えたとの見方が上がっている。一方、イーサリアムなどのアルトコインには資金が流入した。
09:50
米SEC仮想通貨部門の責任者が退任
米証券取引委員会の執行部仮想通貨・サイバーユニットの責任者を務めていたデイビッド・ハーシュ氏がSECを退職した。
08:30
テザー、ゴールド裏付けの新たなステーブルコイン「aUSDT」発表
ステーブルコインUSDTの発行企業テザーは、「Alloy by Tether」と呼ばれる新しい仮想通貨カテゴリーを発表した。
07:25
米BTC採掘企業、合計時価総額が最高値更新
米上場の仮想通貨ビットコインのマイニング企業について、合計時価総額が最高値を更新したとJPモルガンのアナリストが指摘。最高値更新の要因を分析している。
06:45
中国Coolpad、20億円相当のビットコインマイナーを購入予定
中国の通信プロバイダーCoolpad(酷派集団)は仮想通貨ビットコインマイニングマシンに追加で投資する予定だ。
06:15
コインベース、上場予定仮想通貨のプレマーケット取引をローンチ
仮想通貨の「プレ・マーケット」取引は、バイナンスやBybit、Aevoもすでに提供中。プレマーケットの取引は現物取引ではなく、まだローンチされていないトークンの先物取引となる。
05:55
韓国アップビット、複数の通貨ペア追加 来月上場銘柄見直しも
アップビットとビッサムは最近、新規銘柄の上場を増やしているが、7月19日前後に発効する「仮想資産ユーザー保護法」によって、600以上の銘柄が上場の見直し対象となりうる。
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア